かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

育った環境が、将来を左右する話。

 

 

レッスン力向上のため、今日のレッスンチェックを動画に収めた。

 

自分の後ろ姿が男すぎてわろタンバリンシャンシャン。

 

f:id:kannam__style:20190605235622j:image

 

 

 

こんばんは、

村田 夏菜(むらた かんな)です。

 

 

昨日のブログ、

「なぜUターン就活をしたのか。地元に住むことをこだわる理由。」

で、子育てがしいやすいからという理由が1つあった。 

kannam-style.hatenablog.com

 

 

そして、東京は育児待機数が多い。という話をした時に、

私はコレがゼミで学んでる専門分野だと述べた。 

 

 詳しく言うと、 所属しているゼミ自体が

「結婚・家族・労働・子育て・保育」といったテーマで活動をしている。

 

昨日のブログでも、私が人生で一番大切なもの、大切にしたいものが家族であると述べたと思うが、そういった場面からも、今所属しているゼミが私にとって最適であるのはお分かりいただけるだろうか。

 

つまり、私はそういったテーマにものすご〜〜く興味があって、ずっと検証したい説があり、このゼミに入った。

 

そしてその検証したい説というのが、

 

 

「結婚願望の有無は、生育環境(育った場所の環境)が影響する

 

 

これを卒業論文のテーマとして、

「検証&立証」するためにめちゃめちゃ準備をしている。

 

このテーマを立証するための仮説としては、

①両親の夫婦関係について子どもがポジティブに捉えているほど結婚願望が強い

②自分自身の生育環境についてポジティブに捉えているほど結構願望が強い

 

といったようなもの。

(実際は傾向でしかないというのも分かっている。反面教師っていうのもあるから。)

 

 

そこで、

今日のブログでは 、

育った環境が、将来を左右する話をする。

 

 私の卒論テーマでは、結婚願望の有無は、生育環境が影響する。と、結婚願望だけにフォーカスしているが、実際のところ、生育環境が影響するのは、結婚願望だけではない

 

それは、皆さんも容易に想像できるのではないだろうか。

 

そもそも生育環境という言葉は、曖昧過ぎる。

なぜかというと、

「大分育ち」というのも生育環境と言えるし、

「兄がいる」というのも生育環境だし、、、

場所も家族構成も生育環境に過ぎない。

 

定義付けが難しい。

 

なのでこんなよくわからん言葉は使うのをやめて、今回このブログでは、少し簡単に「育った環境」という言い方をする。

 

そしてこのブログでは、「育った環境」というのは、

場所や家族構成ではなくて、

親が子に与える選択肢のことを言う。

 

あれ、ちょっと話が難しくなってきたかな、、、

よくわかんねぇよ!って思ってらっしゃる方!

 

私もややこしくなってきた、、、

文字にしつつ、頭の中を整理しながら書きます。

 

 

 遠回りをしたけど、結局何が言いたいかというと、

私は将来子どもができたら、

多くの選択肢を提供してあげたいと思っているんだ!って事。

 

 可能性を狭めたくないから。

いろんな世界を見せてあげたいし、いろんな可能性を教えてあげたい。

 

まだ自分自身が子どもだし、子育てなんかした事ないからわからないんだけど、

少なくとも、選択肢ぐらいはたくさん提供してあげたいなと思ってる。

 

「〜しなければならない」といったような常識や当たり前を疑い、不可能を可能にするような子になってほしい。

 

こう思った理由は、

私自身の育った環境が影響しているから

両親や、親族がたくさんの選択肢を与えてくれて、こうして今私はやりたいことを無駄に我慢することなく、自分の心に素直に生きることができている。

ありがたくてありがたくて、本当に頭が上がらない。

愛情をたっぷり注いでくれた。

 

つまり、将来の私の子も、どれだけ選択肢を多く提供してあげるか、やりたい気持ちを否定することなく育てるかによって、子ども自身の可能性が変わってくると考えている。

 

私の両親がしてくれたことへの恩返しは、

将来の自分の子に、還元してあげることだ。

 

 

いろんな世界を見て、いろんな世界に身を投じて、強くなってほしい。

 

親のせいで、やりたいことができないなんて、そんな理不尽な育て方はしたくない。

絶対に子どもの自由は奪わない。お金に困らせたくない。弱っちいママにはならない。

 

私は、育った環境によって、可能性の幅が大きく変わってくると信じているから。

 

だから、私が強くなって、子どもに不自由なく夢をもたせる。

子どもの未来を守りたい

 

新しいことから逃げることなく、厳しい環境に身を投じて、強いパワーやエネルギーを蓄えておく。

 

挑戦して、たくさん失敗して、 たくさん落ち込んで、そこからまた学んで。

自己投資をしまくる。

 

たくさん失敗もしておきたい。

将来の子どもが、悩んだ時、迷った時、失敗した時に、

「大丈夫、大丈夫」と言ってあげられるようにするために。 

 

お前結婚出来んの?って質問は受け付けてないよ〜〜痛いとこつかないで〜〜笑笑

 

かんなは絶対良い人に出会えるよ!とか言ってくれる人多いから、それ信じてます、、

 

 

 

今日は、「育った環境が、将来を左右する話。」をした。

 

これを書くのにはかなり、勇気が必要だった。

うるせえよ、って思う人もいると思うな、、、

なので、あまり深くは書けなかった。

 

だって、「育った環境」って、本当に十人十色で。その環境をポジティブに捉えられない人にも出会ってきた。

実際今書いている卒業論文も、アンケート調査を実施するわけだが、当たり障りのないように問うにはどうしたらいいか、わからない時が多い。

その良かれと思った気遣いでさえ、うざがられてしまうことだってある。

先生にたくさん相談して、悩みまくって頭が割れそうだ。

 

それくらい、真剣に考えています。

 

 

意外と、このテーマに興味を持ってくれる人は多い。

その論文書けたら、結果教えてよ!って大体言われる。

 

来春から働く企業の最終面接でも、そう言われた。

 

だから、アンケートもとって、結論まで書き上げたら、

またそれはその時に紹介したいなと思う。

 

 

 

今日書いた話、「多くの選択肢を提供する、可能性を広げる」という内容については、

育った環境に関係なく、読者の皆さんに、

心の底から伝えたいメッセージがあって、ブログを開設した時から、ずっと下書きに置いている。

 

自分が一番伝えたいことだから、タイミングを見計らっているけど、

今日、こんな話をしたからそろそろかな。

 

本当に、読んでほしいと思っています。

痛いとこついてるけど、、、笑

 

私のブログ、割と痛いとこついてくるって言われがち>_<

 

 

これも本当に投稿するのに勇気がいるので、

下書きを読んでくれる人がいたら、是非お願いします。

 

公開される前に、誰か、読んでください!!

以前紹介した「ホームレス大学生」の羽山 健には読んでもらったんだけど。

 

ボリュームはそんなにないので、1,2分あれば読める内容になっています。

読んでくれる方、まだまだ募集します!!

 

 

 

 

今日の本編は、こんなところかな。

 

 

 

 

ブログ書き始めてから、寝不足が過ぎる〜〜!!

 

だいたい一個の記事を書き終えるのに、4時間以上はかかって、見直し編集に1時間以上がかかって、今の所これまでのブログは早くても最低5時間はかかっている。

今シンプルに睡眠時間がマイナス5時間位なっちゃってる感じ。笑

 

まだ、慣れてないのでもっと慣れれば、早く書けるようになるかなぁ。

 

もちろん他にも予定はあって、毎日5時間拘束はかな〜り大変、、、

毎日投稿と言いつつ、自分で自分の首をかなり締めている。ただの寝不足、、、

 

一番得意な体調管理が、めちゃくちゃ下手になってきている!!

体調を崩したら元も子もない。

なので、早いこと慣れて、短い時間で思いの込めたブログが書けるようになります。

 

これぞ、新しい、厳しい環境に身を投じて挑戦するということだ!

日々成長〜〜〜!!!

 

明日は何もない木曜日、オフなのだ〜!!

夕方まで寝てやるぜ〜い!!マッサージでも行こうかな!!

 

 

 そういえば、ここ最近かっちゃんがブログに登場してないね!

昨日は、酔っ払って真夜中に何件もボイスメッセージ、ポンポン送ってきて、眠りの鬼浅い私を起こしてきた。(私がおやすみモードにするの忘れてた)

もうクビだクビ!二軍降格!さよなら!

 

とか言って、いつも悪口ばかりじゃかわいそうなので、最後にかっちゃんから今朝いただいためちゃんこ嬉しかった言葉載せとこ〜!モチベ!ありがとう!

 

f:id:kannam__style:20190606000232j:image

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

 

愛してる。

 

 

3375文字