かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

たくさん本を読むようになった話。

 

 

梅雨ですね。雨ですね。あまり好きじゃな〜〜い!

でも紫陽花が綺麗に咲いてくれるから少し好きになれる。

 

f:id:kannam__style:20190610000046j:image

 

この間も載せたこの写真。笑笑

 

 

今日は家を出る時、雨が降ってなかったし、天気予報を見てなかったから、Timberland履いて出たら、帰りに大雨で靴びしょ濡れになりました。

防水スプレーもしてなくて、お疲れって感じになった。

 

奇跡的に折り畳み傘は持ってたから、まぁいっか〜!

 

なんかそろそろ焼肉食べたいな〜、誰か行こう〜。

(話変わりすぎ)

 

 

 

 

 

今日は、たくさん本を読むようになった話をする。

 

 

私は、大学生になるまで、本をまっっっったく読まなかった。

 

 かと言って別に漫画読んだりもしてないし、ゲームしたりもしてない。

塾にも通ったりしてない。

逆に、高校帰宅部で放課後何してたんだろう、土日何してたんだろうって今思っている、、、

 

あれ?本当何してたんやろ、、、??

でも、帰宅部のくせに帰りの時間は、部活生並みに遅かったなぁ、、、笑

 

 

こんな私が読書中毒なんじゃないかというぐらい最近本を読んでる。

ブログを書き始める前は、今のブログ書いてる時間が、本読んでる時間だったなぁ。

 

だから、前より読む時間は減ったけど、常にカバンに本が入ってて、

たった5分、2つ先の駅に行くだけでも、本を読み、

地上に上がるまでのエスカレーターでも、本を読む。

※人の迷惑になるようなことはしません。

 

本の何がいいかって、知識が得られるとか、ボキャブラリーが増えるとかそんなのは当たり前で

1人の人が何十時間、何百時間もかけて書いたモノが、たったの数時間あれば読めてしまうことだ。

 

 

つまり、その人が人生をかけて積み重ねて来た、

知識や学び、研究結果の詰め合わせが、

1日あれば盗める

 

とってもラッキーなのだ!!

それに気づけなかった高校時代までの自分ったら。

 

ちなみに私はフィクションには全く興味がないようで、

小説や漫画は読まない。(バスケやってたからスラムダンクだけは読む)

 

もちろん小説の良さもあると思うから、無理やり読んでみようとしたが、全く頭に入ってこないからやめた。

事実だけを信じたいみたいだ。

 

 

 

大学生になって、自分が研究したいテーマを深掘りするのに、先行研究が必要だった。

 

だから読み始めは、新書

新書というのは、ほぼノンフィクションで、専門家の研究結果やそれについての解説といった

事実が書かれてある。

 

だから、数字がたくさん出てくる。グラフもたくさん出てくる。

説得力の塊。

 

 私が研究したいテーマは、やはり家族関係。

こういう本を集めている。

 

結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)

結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)

 

 

2冊とも同じ作者。筒井淳也さん。

この人の本は私の興味を引く。

だから、この手の内容は読み始めたら止まらなくなった。

卒業論文を書くのに参考にしたり。

 

 

 

 

あとはこの1年で、確実に

ビジネス書自己啓発本を読む機会が増えた。

きっかけは、

羽山 健(はやま たける

この男からの勧めだ。

twitter.com

 

ちょくちょく私のブログに出てくるこの男。

そう、ホームレス大学生(私が勝手につけたあだ名)。

※なんでこんなあだ名なのかはこちらの記事をご覧ください。

 

www.kannamstyle.work

 

 

関西に住んでるのにしょっちゅう東京に来る。

そんな時は、連絡をくれるこの男。

 

ご飯に行ったときかな、リュックがパンパンで、

「何これ、重そうやな〜〜〜」と言うと、

リュックの中からたくさんの本を取り出して、紹介し始めた。

 

この本は、こうでこうで、、、、、、、、と。

全部難しそうなビジネス書や自己啓発本だったな。

 

その中には、絵本も入ってたな。

作者、キングコング西野亮廣さん。

「えんとつまちのプペル」 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

 

この絵本を見せてくれて、

「西野さんすごいんやで〜〜ほんまこの人が時代の最先端や〜〜」

って言うてたなぁ。

 

そっから西野さんの話をたくさんしてくれて、

しつこいぐらい西野さんのビジネス書を勧めてきた。

 

その時は、ふ〜んとしか思ってなかったけど、、、

のちに私は、この西野亮廣という男の虜になってしまう。

 

(明日は、その西野さんの個展が見たいがために、フッカルを発揮して

わざわざ日帰りで兵庫県に行った話をしようかな。)

 

 

 

そして、ご飯食べたら、健が、本屋行きたい!って言い出して、付き添った。

そしたら、西野さんの本が入り口にズラ〜っと並んでた。

 

「これ!めっちゃおもろいで!読んで!」

と言われた本が、これだった。

 ホリエモンと、西野さんが2人で書いた本。

「バカと付き合うな」

バカとつき合うな

バカとつき合うな

 

 

尊敬する健が、それだけ言うんだから、面白いんだろう。と、

中身も読まずに購入し、家に帰って読んだ。

気づいたら読み終わってた。

 

面白いと言うか、心が痛かった。

「バカと付き合うな」というタイトル。

 

この本でいう“バカ”とは、

・目的とアプローチがずれているバカ

・無自覚に人の時間を奪うバカ

・人と同じことをやりたがるバカetc...

 

何で心が痛かったかって、

私が、この本でいうバカに当てはまっていたから

 

痛いとこをつかれすぎた。

そして、バカのままで居続けたくないと思った。

 

この本を読んでから、共感して、こうはなりたくないと思ったバカから徐々に離れていく努力をした。

 

そして、時代の最先端にいる2人に興味を持ち、ここから2人のビジネス書や自己啓発本をたくさん読んだ。

 

西野さんの本は全部買った

彼の本は、ビジネス書なのにめちゃくちゃ読みやすい。

体験談による事実しか書いてないからだ。

 

あと、彼が本の中で勧めてくる本も全部買っている。

 

彼は今、超話題だから、読んでる人も多いと思うが、

読んでない人がいたら是非読んでほしいと思う。

「このままじゃダメだ」「やらなきゃ」そう思わせてくれる。

 

どの本も読みやすくて面白いが、特にこの、

「新世界」を勧める。

凄まじい速さで変化する時代に、置いて行かれない人になるために。 

新世界

新世界

 

 

彼は、自分のことをやたらとハンサムと言う。

そして、特に横顔がお気に入りらしい。

 

だからほら、表紙が横顔でしょ。

本当にハンサムだから何も言えねえ。色気がすげぇ。

 

 

 

 

本の購入による出費が痛い。

(たまに旅で大出費)

けど他の生活費はあまりかからない。

 

1週間に1回ぐらい、スーパーで食材を買い溜めして、

そのタイミングで大量の作り置きをするから、

他にコンビニやらで食料を買うこともほとんどない。

 

スーパーの買い物なんてたかが知れてる。

買いすぎても¥4,000ぐらい。

滅多にそんな高額にはならない。

 

衣服は、めっきり興味がなくなった。

そういえば最近洋服を買ってない。

 

Tシャツにジーンズ、

あとは全然レギンスでも過ごす。楽で気持ちいい。

 

靴やバッグ、アウターにはお金をかけたい。

高いものを長く使う派だ。

だから、たまに大きな買い物をする。

 

でも、最近本当に物欲が無いなぁ。

 

強いていうなら、新しいNIKEのレギンスが欲しい、、、

レッスン数が増えて洗濯物が追いつかなくなってきたから。

 

あとは、人と会って、ご飯に行ったり、飲みに行ったりしたら出費になる。

ここにはたくさんお金をかけたい。

いい話ができたり、価値のある時間に気分が良くなってしまったら、人の分まで払ってしまう。

決して酔ってるからではない。

 

だって私は、滅多に酔わない。

お酒は、美味しく飲みたいから。

 

一度だけ実家でやらかしたことはあったが、

実家に帰って安心しきっていたからかな〜。

 

ってなわけで、1番お金がかかるのは、誰かと過ごす時間で、

2番目は本だ。

 

1ヶ月に10冊ぐらい買うのかな。

大事だなぁと思ったところには線を引いて何度も確認したいから、

借りたりはしない。

 

あとは、立ち読みもしない。

その時間がもったいない。

 

タイトルに惹かれたらすぐ買って、必ず最後まで読みきる。

読み始めて、面白く無くても、買ってしまったら読まなきゃもったいないという気持ちになってしまうから。

 

あとは、人から勧められたたものはすぐAmazonのカートに入れる。

最近で言うと、これをカートに入れた。

 

「可愛いままで年収1000万円」 

可愛いままで年収1000万円

可愛いままで年収1000万円

 

 

友達が、読んでる時に私のことを思い出してくれたらしく、

連絡をくれた。

 

その一文がこれだ。

 

愛のエネルギーにのせて、自分が「素敵だ」「これはいい」と思ったものはどんどんシェアしましょう。

独り占めするなんてもったいないのです。

 引用元:宮本佳実(2015年)『可愛いままで年収1000万円』WAVE出版(106ページ)

 

 

 

アウトプットしまくってる私がその愛のエネルギーの塊だと言っていた。笑

写真付きで送ってくれた。

なんか嬉しいので、早速購入。早く届かないかな。

 

あとカートに入ってるのは、兄に勧められた、

鴨頭嘉人(かもがしら よしひと)さんのこの本。

あなたの経験を仕事に変える技術 〜成功する独立起業家と失敗する独立起業家の違い~

あなたの経験を仕事に変える技術 〜成功する独立起業家と失敗する独立起業家の違い~

 

 

あと3冊はカートに入れてるけど、説明したらきりがないのでこの辺で。

 

 

こんな感じで、たくさん本を読むようになった。

いっぱい紹介したが、ちょっと興味のあったものがあれば、手を伸ばしてほしいと思う。

 

本は、作者が人生をかけて積み重ねてきた知識や学び、研究結果の詰め合わせで、

1日あれば盗める

 

だから、私は多くの人から知識や価値観を盗んで、自己を確立していける本が好きになりました。もう抜け出せないみたいです。

 

 

 

あ、最後に。

意外と本を読んでる人って少ないんだって。

本を読むだけで、8分の1=12.5%のレアな人間になれるんだって。

 

その辺については、藤原和博さんのこちらの本に書いてあります。

必ず食える人になりたいので、読みました。

 

 

帯も西野さんが書いてるww

買いに行ったら、最後の一冊だった。売れてる〜〜!! 

 

とっても面白い。この藤原さんに今はどはまってます。

YouTubeでも、藤原さんは発信してて、中学校の校長先生をしていたこともあり、話がわかりやすくて上手。トーク力って大事だなぁ。

 

東京大学を出て、リクルートで働いて、のちに校長先生になり、橋本大阪府知事の顧問をしたりと経歴が実に面白い。

 

 

今日は、たくさん本を読むようになった話。をした。

これからも、たくさん読んでたくさん学びを深めていきたい。

そして、たくさん紹介したいと思うし、たくさん紹介してほしいと思う。

 

この本読んだ方がいいってのがあったらバンバン教えてください!

よろしくお願いします。

 

近々、西野さんの個展を見たいがために日帰りで兵庫県を訪れたら、西野さんご本人に会えた話をしようかなぁ〜と思います。明日するかもな。笑

 

 

 

明日は、ゼミの先生に卒論のアドバイスをもらいたくて、

ゼミ無いのにわざわざ学校に来ていただきます。笑

 

先生助けて〜〜〜って言ったら、じゃあ来週一緒にやりましょうか。

と言ってくれました。

 

 

明日から月曜日ですね〜〜、

私はあまり曜日とか関係ないけど、

学校やらお仕事やら頑張ってください!

 

私も頑張るんご〜!*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

 

愛してる。

 

 

5108文字