かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

キンコン西野亮廣さんの個展を観に行った話。

 

 

みなさん私のブログをスマホから読んでいると思うのですが、、、

PCバージョンだと、若干デザインが違うことをご存知ですか?

 

PCは背景をこんな感じの綺麗なお花に設定しています。

 

f:id:kannam__style:20190610140009p:image

 

これは、東京ミッドタウン日比谷のライトアップされてたお花の写真です。綺麗でしょ〜、紫が好きです。

 

 

 

こんばんは、大雨にキレそうな

村田 夏菜(むらた かんな)です。

 

今日は、フッ軽を発揮して、突然日帰りで兵庫県の田舎に行った話をする。笑

昨日のブログを読んでなくて、ナンノコッチャ!ってなってる人は、こちらから読んでください。

 

www.kannamstyle.work

 

私、キングコング西野亮廣さんが好きでして。

今も、彼の独演会の音声を聞きながらブログを書いている。

 


西野亮廣独演会 2015 in 日比谷公会堂

 

これがほんっっっまにおもろい。

何回も見てる。

キングコングのコンビ結成秘話とか最高。

 

 

そんで、彼、お笑い芸人でもあるんですけど、本も書くし、学校作ったりするし、美術館作ろうとしてるし、スナック作ったりするし、

 

そして、絵本を書いたりもするんです。

 

そんなの知ってるわ!って方は、

うんうんって思いながら読んでくれると嬉しい。

 

その絵本の個展が、兵庫県で開催されるという情報を得て、

行こう!!と突然、兵庫県の田舎に行ったんです。

大阪に住んでる友達を誘って。

 

ずっと会ってみたかった旅つながりで同い年の男の子。

なんで会いたかったって、写真で見る笑顔がめちゃめちゃ素敵やったから。

 

こんな素敵な笑顔する人、絶対いい人やん。

会いたいってずっと思ってた。

 

そして、会いたい会いたいとずっと言い続けて、

大阪に会いに行く行く詐欺をし続けていたので、そろそろ本気で会いに行こうと、この男に会いに行った。

 

実際に会ってみたら、こやつの考え方めちゃめちゃ素敵で。

やっぱ素敵や〜〜〜ん!会いに来てよかった〜〜〜!

人柄、顔に出すぎや〜〜〜ん!ってなったwww

 

考え方かっこよすぎて、嫉妬するレベル。

私もこんな風なモノの見方をしたい!!って思っちゃう。

 

最近で言えば、これ。これは本当に感動した。

一緒にアジアを旅をしようと話をしていて、日程が合わなかったんだけど、

そしたらこんな返事が返って来た。

 

f:id:kannam__style:20190610140306j:image

 

胸、ぎゅううううううううううンンン!!ってなった。

キュンじゃなくて、ぎゅううううううんん、ね。

 

高め合える素敵な人となら

会う場所なんてどこでもいい。

 

くううううう、好きいいいい。

 

かっこよすぎやろ。また会いに行こうと思います。

 

今日も彼がこのブログを読んでくれてたら、絶対恥ずかしいって言うけど

許してぇぇぇ!!!共有したかってん。

 

 

 

兵庫県川西市

西野さんの出身地。

 

やっぱ地元に貢献したいと思うらしい。

 

わかるううぅぅ。私もど田舎の地元に将来お金が落ちるようなことをしたいのだ!!

 

個展が開催された場所は、満願寺というお寺。

 

正直、アクセス悪いし、駅からめっちゃ遠くてしかも、えげつない角度の坂で、

田舎者の私が言うのもアレだが、田舎だった。

 

バスもあったんだけど満員で、乗らずに、歩いてみた。

めちゃんこ遠いし、汗ダラダラになったけど。

 

ただ、坂を上り詰めたら、最高の景色が待っていた。

兵庫県一望。大阪とかも見えたかな。

 

あと、さっき紹介した初めましての男の子とたくさん話せたから歩いてよかった。

 

そして満願寺に着いた。

受付のスタッフさんがめちゃくちゃ素敵な笑顔で、とっても元気だったなぁ。

 

入り口には、絵本と同じ写真を撮る人でいっぱいだった。

私たちの前に並んでた小さな男の子が可愛かったなぁ。

 

f:id:kannam__style:20190610211251j:image

 

f:id:kannam__style:20190610210018j:image

 

 

 

門をくぐると、絵本、

「えんとつまちのプペル」の絵がズラ〜っと並んでいた。

 綺麗にライトアップされていて、いい意味で、いい意味でね、引いた。

 

f:id:kannam__style:20190610202646j:image

 

この絵本、

『星に憧れた煙突掃除屋の少年“ルビッチ”』が突如現れた『ゴミ人間の“プペル”』と出会って、一緒に星を観に行く物語。

 

「行動しろ、思い知れ、そして常識に屈するな」

そんな西野さんからのメッセージが入った絵本です。

 

考えさせられる。とても。

 

実は、この絵本無料公開しています。

買わなくてもココから読めます。

 

r25.jp

 

絵本は5,000部売れれば、ヒットと言われる世界。

だけど、この「えんとつまちのプペル」は、

異例の40万部突破

 

無料公開なんてしたら、絵本自体が売れなくなってしまうだろ!!

と言う声を物ともせず、とんでもない大ヒット

 

 

えんとつ町のプペル

えんとつ町のプペル

 

 

 

彼は、無料公開した方が売れると先読みしていたのだ。

なぜか?そんな話は西野さんの本を読めば、答えがわかる。

 

 「革命のファンファーレ」

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

ちなみに私は、この本を読んで、

地元で8月からプレオープン予定の私がインストラクターを務めるボクササイズ教室は、

週5.6本のレッスンを

1ヶ月間丸々、無料体験会

にすることを決めた。

 

もちろん、その1ヶ月間の私の収入は『ゼロ』だ。

収入ゼロ円で、全力のレッスンを提供し、皆さんで楽しくボクササイズをしようと考えている。

一緒に、楽しい時間を作り上げようと思う。

 

この1ヶ月の間にレッスンを受けてくれた人に、9月からお金を払っても、

また来たいと思ってもらえるような時間を提供する。

体を動かすってこんなに楽しいんだって、思ってもらいたい。

 

皆さんの楽しそうな笑顔が見たい。

 

なぜ私がこんなことをしたいのかっていう話は、この記事に。

 

www.kannamstyle.work

  

 

そして、満願寺での個展の話に戻る。

 

今度は、階段を上ると、

絵本「チックタック 〜約束の時計台〜」の個展。

 

f:id:kannam__style:20190610202742j:image

 

f:id:kannam__style:20190610202810j:image

 

これは、時計のお話。

時計って、だいたい1時間に1回は短針と長針が重なる。

 

1時5分、2時10分、3時15分、、、、

だけど、11時55分だけは、短針が逃げ切って重ならない。

次に2つの針が重なるのは、12時ちょうど。12時の鐘がなる。

ここに物語があると感じたらしい。

 

人生における報われない時間、11時台が誰にも必ずあると。

 

でも大丈夫。

時計の針は必ず重なるから。

 

つまり、大きいことを成し遂げる前は、報われない時間がある

ということ。

 

こんなとこに目がいくなんて、こんなことに気がつくなんて、、、

嫉妬嫉妬嫉妬。

 

この話は、ご本人がこちらの動画で語っている。

観てない人は観て。絶対観た方がいい。

かなり話題になったから、知ってる人は多いが。

観たことある人も、もう1回観て。笑

 


キンコン西野 伝説のスピーチ「人生に失敗など存在しない」平成30年度近畿大学卒業式

 

 

この話に感銘を受けて、絵本「チックタック〜約束の時計台〜」の個展は絶対に行こうと思ったから行った。

 


音、空気、匂い、もちろん絵も。

全てが美しかった。

 

 

f:id:kannam__style:20190610202912j:image

 

 

f:id:kannam__style:20190610202928j:image

 


スタッフさんも、訪れた人たちもいちいち優しい笑顔だった。

 

訪れた人のために、屋台も用意されていた。

座って休憩できるように、ゴザも用意されていた。

 

外で絵本を読みながら、唐揚げとハイボール

最高でしかない。わざわざ来てよかった。そう思った。

 

 

f:id:kannam__style:20190610210108j:image

 

 

そして、急に誘ったのに付き添ってくれた初対面の彼に心からありがとうと思った。

それを言葉にすると、

「誘ってくれてありがとう」と言ってくれた。

涙をぐっとこらえたなぁ。

 

そして、帰りに2人で飲みに言った。語り倒した。

そしたら彼が、その場で、西野さんの著書、

「新世界」Amazonで買った。

この行動力だ。

 

 

また来よう。彼に会いにね。

 


行きたいときに行きたいとこへ、

観たいときに観たい景色を、

会いたいときに会いたい人に。

 

その一瞬一瞬を、その時の感情を大切にしている。

 

そしてこれは、これからもずっとずっと大切にしたいと思わせてくれた時間だった。

 

「行動しろ。思いしれ。そして、常識に屈するな。

お前がその目で見たものが真実だ。」

 えんとつ町のプペルで、ルビッチの父親がルビッチにかけた言葉。

とても共感した。私はこれをずっと大切にして来た。


あまり写真は撮らなかった、目に焼き付けたかったから。
私がこの目で見たものが、感じたことがあればそれでいいと思ったから。

 

これまで載せた画像は貰ったもの。

 


満願寺限定版の絵本を買ったらその場でご本人がサインをしてくれた。

 

f:id:kannam__style:20190610202443j:image

 

彼は自分のことをやたらとハンサムと言う。

脚を組んでクシャクシャの髪の毛に色気のあるヒゲ。

 

そんな彼を目の前にして思ったことは、

なんだこの人、ばかハンサムやん。

 

 

f:id:kannam__style:20190610210207j:image

 

自分がこの目で見たものが真実過ぎた。

 

盗撮しろって言うから盗撮してやった。

 

 

チックタック 約束の時計台

チックタック 約束の時計台

 

 

 

満願寺限定版の絵本を買ったが、東京から身一つで兵庫に行ってしまったものだから入れるものがなくずっと絵本を裸で持ち歩いていた。

 

女性二人組が私を見て

「パソコンかと思った」って呟いた。

 

思わず声をかけてしまった、

「これキンコン西野さんの絵本なんですよ知ってます?」

 

「あ、私新世界読みましたよ!」

 

新世界

新世界

 

 

「うわ〜!あれも最高ですよね!絵本も素晴らしいんですよ!」

「え〜見せてください!」

 

(中身を見せる)

 

「素敵な絵ですね」

 

「でしょ!?今日はご本人にお会いしてサインしてもらったんです」

 

「カンナさんって言うんだ、綺麗な名前がすごく似合います

 

「ありがとうございます(嬉し過ぎて、ニヤニヤが止まらない)」

 

(イントネーションが違うからか、、「どちらからですか?」と聞かれ)

 

「東京です、今から帰ります、日帰りで」

 

「西野さんのために来たんですか!?

 

「はい、どうしても見たかったんで

 

「気をつけて帰ってくださいね」

 

「ありがとうございます、お姉様方も」

 

友達とバイバイして1人、少し寂しい気持ちで歩いてた梅田でこんな出会いがあった。

とってもとっても幸せで、絵本を大事に抱きしめた

 

もう私は、

キングコング西野の虜。

 

昨日に引き続き、今日はそんな話でした。

 

西野さんの最新作はこちら。文庫本だからとっても安いよ。

 

新・魔法のコンパス (角川文庫)

新・魔法のコンパス (角川文庫)

 

 

 

 

そういえば、、、

なんで、ブログの最後に

「愛してる。」

って書いてるの?という質問を何回か受けた。

 

あれ、これ知らない人からしたらめちゃくちゃ謎じゃね?

てか恥ずかしいやん何これワロスってなってます。

 

恥ずかしいままじゃちょっと嫌なので、軽く説明すると、

私のブログを書く目的を達成するためには

読者のあなたがいないといけなくて、読んでくれて嬉しいよ、ありがとうって気持ちを込めてるのですが、、、!!!

 

言葉にして伝えないと、思ってないのと同じだという母親からの教えを、守っているというわけです。

 

私のブログを最後まで読んでくれた人には、

もれなく私からの愛の言葉を受け取ることができるよっていう

ちょっとした特典ですwww

 

誰が得するとかしないとかそんなのはどうでも良いです。

私が言いたいだけ。エゴ!!!www

 

詳しいことは、この記事に書いてありますwww

www.kannamstyle.work

 

明日は4時起き。

新しいレッスンリリース日。

がんばろか。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

愛してる。

 

4791文字