かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

希少価値の高い人間になりたいと思った話。後編

 

ジャイアンツ観に行ってきました!

1ヶ月に1回ぐらいのペースで行けてて嬉しいなぁ〜☺︎

 

今日は、亀井選手、ビヤヌエバ選手、坂本選手、丸選手の4人のホームランを見ることができました!!

 

そして、日本のエース菅野投手は完投!!

 

ラッキーすぎる、、!!

私が観に行く時だいたいホームラン祭りなんですけど、もしかして私は勝利の女神なんでしょうか?(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

打った瞬間に、あ、これ入ったなって分かるような打球はめちゃめちゃ見てて気持ちいい( ̄∀ ̄)

 

そして、私の好きな4番バッター岡本選手は今日も打てませんでした、、、

だけど、守備でファインプレー見せてくれたんです。

 

思いっきり飛んでボールをキャッチしました。

場内がどよめきました。めちゃくちゃかっこよかった。

 

案の定、彼は嬉しかったようでニヤニヤしてて。

そういう一面もとっても好きです。

 

4番バッターですがなかなか打率も3割を超えず。

んで、何が凄いかって、ずっと彼を4番で起用する原監督です。

 

岡本は他の選手と競わせないと明言し、ドラフトで一位指名して

ずっと彼を大事に育て、ここぞというときに打ってくれると信じて、4番に据え続ける原監督が好きです。

 

ジャイアンツの4番ってどんなプレッシャーなんだろうね、想像もつかない。

 応援してます、大好きです、岡本選手。

 

f:id:kannam__style:20190703032205j:image

 

 

こんばんは、帰宅して今日生で観たのに、また同じ試合をDAZNで観ながらブログを書いています、

村田 夏菜(むらた かんな)です。

 

ラジオですね笑笑

静かな状態じゃ書けないんで^_^

 

 

 

 

昨日、希少価値の高い人間になりたいと思った話、前編の記事を書きました。

 

今日は、その続き、

希少価値の高い人間になりたいと思った話、後編です。

 

ですので、昨日の記事を読んでいない方は、そちらからご覧ください。

 

www.kannamstyle.work

 

昨日の記事で、

 

1つの分野だけで戦い続けるのは、

希少価値が上がらない。

 

と述べました。

 

=いろんな分野を学んだ方がいい。

 

これを、大好きなキングコングを見て学んだ話をしたのが昨日でした。

 

西野さんは、絵本作家、作家、起業家、街づくり、美術館作り、ラオスでの学校建設etc...をしています。

 

一方、梶原くんはYouTuber。

 

芸人という肩書きを持ちながらも、

それぞれが、いろいろなことにチャレンジして、

複数の分野で活躍しています。

 

だからこそ、キングコングのお2人を見て、

色々やってる事がカッケェと思っています。

 

 

なぜ1つの分野に絞るのではなく、

色んな分野に時間かける必要があるのか?

 

それの答えが、

希少価値の高い人間になれるからです。

 

じゃあその、希少価値が上げるにはどうしたらいいのか?

1つの分野に絞るとどんなリスクがあるのか?って話。

 

昨日紹介した、藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」

という本から学んだことを、

 

今日の、希少価値の高い人間になりたいと思った話、後編ではしていきたいとおもいます。

 

 

1つの分野だけで戦い続けるのは、

希少価値が上がらない。

 

これは、なぜ希少価値が上がらないのかというと、

例えば、野球をやっていた少年がプロ野球選手、メジャーリーガーになりたいと思うことも少なくないと思います。

 

ですが、実際、プロ野球選手、メジャーリーガーというのは、非常に競争率も高く、

その世界で生きていこう、それ一本で食べていこうと思うと難しいかもしれないですよね。

 

そんな言い方、夢がないじゃないか!って思うかもしれませんが、

残念ながら、それでみんなが食べていけていないのが紛れも無い事実です。

 

だって、イチロー松井秀喜と同じ土俵で戦わないといけないんです。

上には上がいる。その言葉通りです。

 

そこでトップを目指そうと思ったら、イチロー松井秀喜を超えなければいけない。

 

そして、野球しかやっていなくて、上にが上がいる状態になってしまうと何も残りません。

他に、何か別のことも極めておく必要があると思うのです。

 

いいや、そんなことない、絶対野球界で頂点を取れるというならば、話は別ですが、

そうやって、戦力外通告されていく選手がこれまで何人いたでしょうか。

 

1つの世界だけで生きていけるようなレアな人間は限られています。

 

私はプロ野球が好きで、常に情報をチェックしていますが、毎日のように誰かが、登録を抹消されています。

 

「もう戦力外です、あなたはいらないです、バイバイ」です。

また怪我で脱落してく選手もたくさんいるでしょう。

 

復帰が見込めなければそのままサヨナラかもしれません。

 

それほど、厳しい世界なのは誰しもが知っていることではないでしょうか?

 

そこを極めた選手たちはかっこいいので私は好きですが。笑

 

 

それだけ、1つの分野だけを極めようとするのはリスクが伴いますよね。

 

だったら、いくつかの分野を極めていった方が個性があって

レアな人間になれる

=希少価値の高い人間になれるのではないか。

 

そう思っています。

 

 

アルバイトの時給が安いのは、

誰にでもできる仕事だからで、収入を増やすためには、

 

レアな人間、希少価値の高い人間になる必要があると藤原さんは言っていました。

 

で、そんなレアな人間=希少価値の高い人間になるにはどうしたらいいのか?って話を、さっき紹介した、

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法」 には書いてあります。

 

 

 

 

まずは、藤原さん曰く、

今の仕事で100分の1の人材になることだそうです。

 

そうやって聞くと、とっても難しそうに聞こえますが、

それが意外とい難しくなくて、その仕事を10年もやれば、100分の1の人材になれるんだそうです。

 

president.jp

 

まず、1つ目にパチンコをしないっていうだけで、2分の1の人間になれるそうです。

 

そして、2つ目にケータイゲームをしなければ、4分の1

 

3つ目に読書をすれば、8分の1。

 

結構簡単じゃありませんか?

私はすでにこの時点で、3つ全てクリアしているので、

8分の1=12.5%しかいないレアな人間ダァ!って喜んでいます。

 

そしてそこから、次の4つ目条件をクリアしたら、16分の1、

5つ目で32分の1、6つ目で64分の1。

 

そして最後の7つ目の条件をクリアしたら

もう128分の1でかなりレアな人間です。

 

だから、たった7つの条件をクリアするだけで、

100人に1人以上の希少性を持った人間になれるって話です。

 

 

こんな記事を見つけましたので、

引用します。

 

希少性を高めるために重要なのは、次のステップだ。

ある分野で100分の1になったら、次は営業ならマーケティング経理なら財務というように、隣り合う分野にシフトして100分の1を目指す。

2つの分野で100分の1の人材は、

100分の1×100分の1=1万分の1の希少性を持つ。

このかけ算が重要なのだ。

 

1つの分野で1万分の1の人材になろうとすると、

9999人に勝たなければいけない。

そのための努力は、とても1万時間では足りない。

しかしかけ算を利用するなら、隣り合う分野に再度、

1万時間を投入すればいい。

そうして1万分の1の人材になれば、ビジネスマンとしての左右の足場ができる。

年収400万~500万円は底堅く、すぐに年収1000万円も見えてくるだろう。

 

https://president.jp/articles/-/12057?page=2

 

 

なのでそうやって、100分の1の人材になれたら、レアな人間=希少価値の高い人間になれますよ。

 

そしたら、食っていけますよって話でした。

 

だって、100分の1ってことは、とても珍しいので、

アルバイトのように誰にでもできることではないから。

 

 

 

あ、ヒカキンさんっているじゃないですか、YouTuberの。

 

あの人は、YouTuberとして、 

ネタを考えたり企画したりして、

面白いものを生み出せる力があって、

 

動画撮影編集といった技術があって、

 

さらにゲーマー実況ヒューマンビートボックス、、、

 

いっっっろいろできちゃう。

 

そんな人、他にいません。

他の誰もできないことです。

 

ヒカキンさん以上に、これらを極めている人はいません。

 

いたらとっくにトップYouTuberです。

他にだ〜〜〜〜れもいなくて、ヒカキンさんは鬼レア人間でなので食っていけてますよね。

 

そりゃあんだけの豪邸に住めるほどの収入があります。

 

そんなわけです。レアな人間になれば食っていけると思ったんです。

 

アルバイトの時給と、ヒカキンさんの時給の違いは、

労働が生み出す付加価値の差です。

 

でその、付加価値は希少性によって変わるよ。

そんなことを、この藤原さんの本からは学びました。

 

なおさら、レアな人間になりてえ。

 

以上が、希少価値の高い人間になりたいと思った話。後編でした。

 

 

 最後に、

 

希少価値の高い人間になりたいと思った話

前・後編をまとめると、

 

 

100分の1の人材になれたら、

レアな人間=希少価値の高い人間で、

 

食っていけるようになります。

 

だから、

 いろんな分野を学んだ方がいい

 

なぜなら、

1つのジャンルだけで戦い続けるのは、

希少価値が上がらないから。

 

そういうお話でした。

 

完結!初めて2つに分けて書きました!

 

 やってみよう、とにかくなんでも挑戦してみようよ〜〜って思います。

『自分にしかできない仕事』それをやって私は生きていきたいです。

 

今はもう、やりたいことだけで生きていけるほど、そんな甘くない

なんて、家族に言わせません。

 

逆に、かんなならできると思わせてます。

 

そう思わせるだけの行動力と説得力があれば、大丈夫です。

挑戦していきましょう。

 

さっ!

 

ちょっと無理して、ちょっと休んで。

そしてまたちょっと無理して。

 

そうやって一歩一歩前に進んでいきましょう。

未来は明るいです。

 

願晴れ、私も願晴る。

 

 

実は起床してからもうすぐ24時間経ちます。

気づかなかった、そりゃ眠いわww

 

時計見て驚きました、今夜中の3:30ですっ!!

昨日4:00に起きて出勤したので、、、笑笑

 

いつからこんな寝なくなったんだ笑

てか明日も早番なので、今から寝ても2時間後には起きねばなりません。

 

でもめっちゃ元気だし、ピンピンです!!

 

そして明後日はおやすみで夕方まで寝てやろうと思います。

やりたいこと多いのは幸せです。

 

何にもしない日を週に最低1日は作って調整していますので、私は元気です。

あはは〜本当今日も幸せな1日でした☺︎

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

愛してる。

 

4455文字