かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

一対一で話す方が好きな話。サシ飲み万歳。

 

 

こんばんは、久しぶりに新宿に行ったら、速攻でキャッチに捕まりました。

村田 夏菜(むらた かんな)です。

 

なぜ新宿に行ったかと言うと・・・

私に会いたいと言ってくれていた人とご飯に行ったからです。

 

その人は、たまきちゃんと言います。

可愛い名前やなぁ〜素敵やなぁ〜、言いそびれたので次回会ったとき直接言おうと思います。笑

 

彼女は、同じ学生団体?組織?のようなものに所属しており、オンライン上で出会った人です。

そして、TwitterInstagramもフォローしてくれて、私のブログも毎日読んでくれているそうです。

 

TO DOリストに、かんなのブログを読むっていうのを入れてくれてるぐらい、毎日読んでるって言ってくれてます。

 

本当に全部読んでるから!って。

ありがたいなあ。

 

彼女は鬼のアクティブガールで、予定が毎日びっしり詰まっています。

先月の頭ぐらいに、ご飯でも行こうという話になり、予定を合わせようとしましたが、

彼女の予定がパンパン過ぎて、合わせられませんでした。

 

で、1ヶ月も先の今日、予定がやっと合い、会えることになったわけです。

今日、彼女のスケジュール帳をたまたま見せてもらいましたが、びっしり過ぎてビビりました。

 

1日1つの予定だけではなく、何個もあって、しかも

○時から○○といったように本当詰め詰めでびっくりしました。笑

 

それなのに、私に会いたいと言ってくれて、時間を作ってくれて本当に嬉しかったです。

ちなみにそんな今日も、23時から打ち合わせと今日の予定に書いてあったので、今打ち合わせをしているのでしょう。すげぇな・・・

 

そんなこんなでやっとたまきに会えた今日ですが、ブログのネタになるような話をたっくさんしました。

 

彼女からの学び、得られたものが多く、デカかったです。

2つ年下ですが、尊敬の眼差しで、彼女と話してました。

 

なので、下書きにそのネタを溜めて今後公開していこうかなと思います。

 

今日は、そんなネタのうち、

一対一で話すことがいかに大事かわかった話をします。

 

私はよくサシ飲みをします。

今日のたまきとの夜ご飯も一対一でサシ飲みをしました。

 

大勢での飲み会ももちろん好きです。

みんなでワイワイしてテンションぶち上げて楽しむのも、全然好きなのですが、

 

サシ飲みだと、大勢での飲み会では話せないようなことや、気づけないような一面に気づくこともあります。

 

さらには、大勢で飲むより2人っきりで話す時間が多いので、自分を割とさらけ出す事が出来て、仲良くなれます。

 

カウンセリングなどを想像してもらいたいのですが、

やはりそういった場っていうのは、一対一が多いのだと思うのです。

 

サシ飲みが苦手な人ももちろん居るとは思うのですが、誰しも一対一で誰かと話すという経験はあるでしょう。

 

そんな時、どうでしょうか?

大勢いる場で会話するよりも、一対一で話す方が話しやすくないですか?

 

話しやすいというか、一歩踏み込めるというか・・・

というのは、単純に1人の人にかける時間、1人の人が話す時間が、人数が多ければ多いほど減りますよね。

 

だから、2人っきりだったら話せるけど、3人だったら話せないこともあるのではないだろうか?と私は思うのです。

 

実際私はそうです。人と話すのが好きなので、何人いようがコミュニケーションはとれますが、決して深い話にはなりません。心の開き具合がだいぶ違います。

 

2人に向かって話すより、1人の人に向かって話す方が話しやすい。

目を見て、その場には私とあなたしかいない。その方が私は、自分をさらけ出しやすいのは確かです。

 

大勢の人に向かって、

『実は私○○なんだよね・・・』とは言えない笑

 

いや、そんな事ないよって方がいたら、この記事は面白くないと思うのですが、

実際、大抵の人がそうだろうと思います。

 

コミュニケーションが苦手という人は、相手のリアクションを気にし過ぎている様子を伺い過ぎているからなのではないだろうか?私はそう思います。

 

そういう人ならなおさら話す相手が多ければ多いほど、相手の顔を伺う人数が増えるので、話しづらいと思います。

 

相手のリアクションを見ずに話す人なんていないと思うので、やっぱり人は一対一の方が話しやすいのではないでしょうか?

 

ごくたまに一方的に話し続ける人がいますが・・・笑

もちろんプレゼンや講演会は除きます。会話だけに注目して書いています。

 

そういうわけで、私は2人っきり、一対一の方が話しやすいです。

サシ飲みなら尚更話しやすいです。

 

お酒を飲んで何か、様子が変わるようなタイプではありませんが、勝手に心がどんどん開いていくのは確かです。

 

シラフの時には言えなかった事が、お酒が入ると言えてしまうという経験はみなさんもあるのではないでしょうか?

 

そんなこんなで、今日はたまきとサシ飲みをしたわけですが、

サシ飲みってやっぱいいっすよ!!みなさん!!って話です。

 

その場には2人しかいなくて、目と目を見て話せて、

自分も話せて、相手も話せる。聞いてもらえるし、聞ける。

 

お酒の力を借りて、心を開くこともできるので、相手の人となりを知れて、

そこには、信頼関係が生まれるのだと思うんです。

 

実際に、今日私はたまきと2人で飲んだことで、彼女がエンジニアであることや、演劇の裏方をやっているのを知りましたし、そこでどんなことをしているのか、彼女はどんなことができるのかということを知りました。

 

これ、正直大勢の前だと知れないことだと思うんです。

エンジニアやってるよ〜って話にはなったとしても、そうなんだ〜!で、1人の人の話を聞く時間は必然的に減りますよね。

 

そして彼女はホームページを作ったりする事ができるようです。

 

『おぉまじ!じゃあ私が作る時頼ってもいい!?』

サシ飲みだとそういう話に繋がっていくわけです。

 

それは、大勢相手より1人相手の方が詳しく話せると思うのです。

 

で、ここで学んだのは、

 

 

大勢にアプローチするよりも

個人にアプローチしてった方が有効じゃん

 

 

って思った事です。

 

そりゃもう、時間もかかりますし、サシ飲みでアプローチするならお金もかかりますが・・・

 

いくらSNSが発達してきて、大勢に向かって発信ができるようになった時代だとは言えども、そこで信頼関係を築けるかどうかは怪しいです。

 

1人の人間が一気に大勢に向かって発信したところで、信頼されるのは厳しいぞって思いました。

 

その具体例が、私の来月から始めるボクササイズ教室の話に例えられると思ったので、その話をします。

 

今の所、教室を開く施設の人にはポスターを貼ってもらったり、テレビ出演をお願いしてもらったりしていますが、私自身はSNSで発信することしかできていません。

 

このブログやInstagramm Twitterfacebook

これらを使って、

『ボクササイズ教室やりま〜〜す!

きてくださ〜〜い!』って言っているわけですが、

 

実際のところ、この効果でどれくらいの人が集まるのか?

それは正直未知です。

 

ボクササイズ教室開始日のレッスンに確実に来てくれる人は、

今の所把握できてる人は2人です。親友2人。

 

初日のレッスンは、8/7の14:00~と、19:00~です。

2人とも仕事をしているのですが、仕事後に必ず夜のレッスンに行くと約束してくれました。

 

それも、私が個人的にLINEをして、8/7の19:00から空けといてよ!

ボクササイズ教室来て!って言ったからです。

 

個人的に言われると、予定を確認して来ようとしてくれます。

実際に、その2人のうち1人は8/7を有給申請してきたわって今日返事が返ってきました。

 

なので、昼からの14:00の回にも来てくれるのでしょう。

親友ありがてえ。

 

こうして、予定を空けて来てくれるようです。

ですが、これを私が8/7空けといてって個人的に連絡(アプローチ)をしなかったらどうだったでしょう?

 

親友だからという理由で彼女の場合は来てくれたかも知れませんが。

 

他の人々が、8/7から始めます!というSNSを見ただけでは、果たして来てくれるのか?と感じました。

 

よっぽど興味があったり、エクササイズやフィトネス、体を動かす事が好きな人でなければ目には止まりません。

 

ってかそもそもSNSを見てなかったら、知れない事です。

または、ジムに貼ってあるポスターか。

 

それだけでは、大して人は集まらねえぞ!?と今日感じました。

個人へのアプローチが必要だと!!

 

地元の友達に連絡するなり、ジムに足を運んでお客様に声をかけるなり。

個人と個人、つまり1対1で話した方が有効やん!!って思いました。

 

それを、たまきと話して感じて、

たまきも同感だったっぽいです。

 

そう思ったら、彼女とバイバイした後に、どんどんアイデアが浮かんで、

こうしたらええんやね!?そう思いついた事があります。

 

・地元の友達に個人的に連絡を取ってみる

・ジムに足を運んでお客様に直接声をかけてみる

・ボクササイズ教室を行う施設近隣のスーパーやコンビニ、飲食店に出向いて、ポスターを貼ってもらえるか、チラシを置いてもらえるかを聞きに行く、お願いする

 

飲食店だったらそこで私が食事をして、(できる事なら常連にでもなって)

お店の人にアプローチして、自分の活動をお店の人に知ってもらう。

 

そして、お店の人に、お客様に広めてもらう。『うちの常連の村田夏菜ってやつがすぐそこでボクササイズ教室やってるんですよ〜、楽しいからぜひ行ってみてください!』なんて言ってもらえたらラッキーですよね。

 

んでもって、そのお客さんが私のレッスンに来てくれて、『○○ってお店行って、ボクササイズ教室やってる事知りました〜』なんて言ってもらいたいなって妄想をしています

 

一気に大勢の人にアプローチするより、1人に向かってアプローチした方が、

情熱も伝わる、本気度も伝わる。そう思ったのです。

 

それが、一対一で話す方が信頼関係が築けて、心を開けるっていう今日のたまきともサシ飲みでの学びから思いついたアイデアです。

 

実際、私だってフィットネスに興味はありますが、そういう広告を見たところで、

へ〜そういうのもあるのかと思うぐらいでスルーすることは多々あります。

 

ですが、個人的に、

『私、こういうことやってて、これにはこんな効果があって、こんな楽しさがあって・・・

是非来て来下さい!』

 

って一生懸命に話してくれたら、

ちょっと行ってみようかな?って気になります。

 

それだ!それ使おう!と思いました。

しかも、私が提供するレッスンは、

最初の1ヶ月は丸々無料提供なので、

余計に来やすいんじゃね?と思ってます。

 

いいこと思いついたわ〜、やってこ!笑

 

たまき、気づかせてくれてありがとう!

一人一人にアプローチしていこうと思ったぜ!

 

やっぱ、何やかんやで『人』なんだな。

そう思います。

 

SNSや広告の効果ももちろんあると思いますが、

私はそのSNSを個人と個人を繋げるツールだと思っているので、その使い方せなあかんやん!って気づきました。

 

その証拠に、Twitterで以前よく使われていた、

拡散希望】はほとんど意味がないことに気づきました。

 

一気に大勢にアプローチしてその効果が得られるのは、

既に自分をブランド化ができていて、フォロワーが多く確実に影響力があり、拡散が見込める人じゃなきゃ、無理だなと。

 

今私が、SNSで【拡散希望】と投稿したところで、拡散されるわけがありません。

 

気づいた!!!!やっと気づいた!!!!

 

一対多数じゃない!!

一対一だ!!

 

そうだ、これだ!

 

個人へのアプローチが必要だ

 

こう思ったっていう話です。

 

サシ飲みは特に有効的です。

金はビュンビュン飛んできますが、ただの自己投資です。

きっと、何かしらの形で返ってくる。

 

マネタイズのタイミングを

後ろにずらしてるだけ。

 

ノープロブレムだ!

 

てか実際私は最初の1ヶ月間、レッスンを無料提供することで、

2ヶ月目からもお金を払って来てくれるようにしようとしてるので、

これもマネタイズのタイミングを後ろにずらしてるだけです。

 

簡単なことではありませんが、お金を払ってでも、村田夏菜のレッスンが受けたいと思わせられればいいので、そうするのみです。

 

めちゃめちゃに楽しい空間を提供します!約束します!

I am エンターテイナー!!

 

f:id:kannam__style:20190709005333j:image

 

私が教室を開く施設の方に作っていただきました。

 

twitter.com

 

www.instagram.com

 

 

 

ほんで、飲食店で食事をしてお金使ってビュンビュン飛んでったとしても、

結果、そこで配ったチラシからお客さんが私のレッスンに来てくれれば、返ってくる!!

 

よ〜し、やろう!

 

わしゃ、やるで。どんどんやるで。

エンジン全開!

 

人と話すことで、こんなアイデアが思いつくんだから、

この時間を大切にしないわけがありません。

 

人と旅と本が好きです。

この3つから得られるものは多すぎるんです。

 

そんなこんなで、今日はサシ飲みをすることで、個人へのアプローチが有効だと思った話でした。

 

ちゃんちゃん。

 

明日は4時に起きて朝一レッスン!

楽しみだな〜、毎日毎日楽しいなぁ〜

 

昨日、『火曜日の朝一Canty(私)のレッスン行きますね!』って言ってくれたお客様がいます、お会いするのが楽しみです☺︎

 

最近、そういうのが結構多くて嬉しくて嬉しくて。

元気もらえるから好きとか、諦めようとしたら目で諦めるなって訴えてくるから、Cantyのレッスンは追い込めるとか、そういう言葉をいただいてます。

 

お客様の時間が無駄にならないように、楽しくなるように、追い込めるように。

一本一本、大事にレッスンしていこうと改めて思っています。

 

やるしかないんですよね!ウンウン!

 

頑張っていきましょ、未来は明るいです。

 

明るくするかどうかは自分次第ですね!

 

願晴れ、私も願晴る。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

愛してる。

 

 

5871文字