かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

地元大分県に必要とされる人間になりたい話。

 

 

 

こんばんは、腹痛と戦っています。

村田 夏菜(むらた かんな)です。

 

そうです、月一鬼の一週間生理来た〜〜〜、時が経つのは早い。もうあれから1ヶ月経ったのか〜と思っております。

 

だいたい、あ〜これヤバイな〜って言うのが女の子はわかるのではないでしょうか?

 

体だるおも〜。めっちゃむくむし、お腹いた〜い、ねむ〜い、情緒不安定。今日いきなりバイト中に泣き出しそうになったし・・・笑

 

貧血にならないように、鉄分もビタミンも摂取して、いつもより体に気を使っていこうと思います。

 

明日もレッスンはあるのでね☺︎

 

今のバイト先でのレッスンは残すところ7レッスン、そしてあと1週間。カウントダウンが始まりました。

 

一つ一つ丁寧に。今まで通りに元気にやっていこうと思います。

 

 

やっぱりこの仕事をずっとしていたい。仕事というか好きなこと。元気を与えられるような、パワーを与えられるような人で居たい。健康で、元気でいたい。そう思います。

 

元気でいることが何よりです。元気さえあれば、十分人生ハッピーだと思います。

 

今日は何人かのお客様が『インスタ見ました〜辞めても地元で頑張って下さい』って言って下さいました。

 

昨日、載せたボクササイズの動画を見てくださったそうで。

 

 

www.instagram.com

 

そうやって声をかけてくださるのは本当に嬉しいことです。

 

地元でももちろん頑張りますが、あと少し、東京でも頑張っていきます。

 

12月に入社して、たったの7ヶ月だけだったけれど、この7ヶ月間でやってみたかったインストラクターを経験できて、体を動かすことが自分は本当に好きだと改めて分かったんです。

 

このアルバイトを始める前は、飲食店ハワイアンバーガー屋さんでアロハシャツを着て2年半働いていました。全く違う職種です。

 

その間はずっと毎日毎日フィットネスジムに通っていて、1日に2本もレッスンを受けたりして。お客さん側でした。レッスンをお金を払って受ける側。

 

大学生のくせに15,000円もの月会費を2年間ずっと払い続けるぐらい没頭したんです。

 

2年も通っているうちに、だんだんインスタラクターが憧れになりました。

 

そして、真似したりしていました。プログラムに使用されている曲を流しては、キューイング(動作の指示をする声かけ)をしてみたり。

 

そこらでプログラムの曲がかかっていると、ついついキューイングを入れてしまい、友達の前でも真似して、こんなに楽しいんだよ!!って言っていました。

 

いつしか、こんなに楽しいんだったら、レッスンを受ける側じゃなくて、自分が提供する側になって、この楽しい!と思える気持ちを一人でも多くの人に感じて欲しいと思ったんです。

 

 

 

首都圏にはたっっっくさんそんなフィットネスがあります。皆の健康意識が高くなっているので、これからさらに需要は増え続ける業界です。

 

『ワークアウト女子』なんて言葉も流行ってきました。

 

フィットネス業界規模は年々右肩上がりで完全なる追い風になっています。

 

どんどんジムは増えていますよね。あそこにも、ここにも、そこにもジムがある。都内には少し歩くとジムがいくつも見つかります。

 

私の働いているフィットネスジムはビルの中にあるのですが、そのビル内には他にもう2つ、ジムがあります。上にも下にも。そしてビルの目の前にもあります。横にも斜めにも。

 

徒歩5分以内に確実に10軒以上はあります。本当にそれぐらい都内は激戦区です。

 

ですが、私の地元には見渡しても見渡しても、ジムなんて2、3しかありません。

 

しかも、レッスン式のフィットネスジムではなく、器具、マシーンが置いておるジムばかり。

 

一人で追い込める人にはいいかもしれませんが、やはり、仲間がいると心強い。

 

そして、より楽しさを見出せると思いますし、お互い刺激しあえると思っています。そこでまた交流も増えるといいなと思いますし、私が働いているジムでもお客様同士はとっても仲が良いです。

 

そういうコミュニティーも作りたい。

 

楽しいから行く、みんなと会いたいから行く。そんな場所を。

 

また、体を動かすことを習慣化することで、私自身の身体が見違えるほど健康になりました。

 

体を動かせなくなって、そして動かさなくなって。

※その話はこちらの記事で。
www.kannamstyle.work

 

免疫力がガクンと低下し、すぐ風邪も引くし熱も出るし、インフルエンザで倒れるし。

 

後遺症を今でもずっと持ち続け、薬を常備していないと不安になっていました。体力なんてまるでなかったんです。高校時代。

 

それでもやはり、何不自由ない健康な体だった時は、走り回っていて、体を動かすことが大好きでした

 

なのでやはり、体はウズウズしていて、そんな時に上京して出会えたのがフィットネスだったんです。

 

トランポリンフィットネス。柔らかいバネの上で飛び跳ねて体を動かしていくため、あまり負荷がかからない。

 

私は、足の付け根に後遺症が残り、ジャンプするときの着地がもう最悪でした。着地するたびズキズキと痛み、不快に思う。

 

バスケットバールをしていた私からしたら、ジャンプしないなんてことは不可能でした。笑

 

ですが、トランポリンは着地しても痛まない。地面は飛べなかったけれど、トランポリンの上なら飛べたんです。

 

たまたま家の近くに出来て興味を持ち体験しただけですが、一瞬にして虜になってしましました。

 

飛ぶのが怖かった私が、ひたすら飛び続けるフィットネスを始めた。

 

柔らかいバネの上だから体にっ負荷がかからないという文字を見た時に、コレだ!と思ったのを覚えています。

 

通い続けると、痛みを感じず自分がまたもう一度体を動かすことに夢中になっていて、薬を持たなくても平気になっていることに気づいたんです。

 

動かなかった体が、どんどん前のように動かせるようになり、おかげで体力も回復し、免疫力も上がり、基礎代謝も上がった。

 

みるみる健康になっていったのが明らかにわかったんです。

 

楽しいな、嬉しいな、もっと動かしたいな。そんな風に思っていました。

 

そして、この楽しさを今度は自分がお届けしよう。

 

そしてやはり私は大分県で生まれ育ったので、大分県が大好きです。東京に出てみたら、もっともっと地元が大好きになりました。

 

この最高のフィットネスを、地元に持ち帰って広めていきたい。そうやって地元を盛り上げていきたい。

 

貢献するなら、地元がいい。

愛する地元に貢献したいし、お金を落とすのは地元がいい。

 

そうやって、地元が潤っていけばいい。東京じゃないと出来なかったことを地元に持って帰れば、東京に住まなくて良い。

 

正直、自分の生まれ育った街が過疎っていくのは寂しくて仕方ない。

なかったことになるなんて、絶対にごめんだ。

 

大分県でもできることが増えていけば、大分県にお金が落ちるようになる。そうしたら住みやすくなる、わざわざ上京しなくてもいいのではないか?

 

住みやすさというのは他にもたくさんあると思うけれど、そうやって何か少しずつでも、変えていければ大分県の未来は明るいんじゃないかなって・・・

 

おんせん県♨️おおいたには、魅力が満載なんです。

もっともっと、旅行客が来ていいはずだし、もっともっと、住む人が増えていいはずだし・・・もっともっと・・・そうやって思っています。

 

それをもっと活かせるような何かを。

 

私は将来的に、自分の経営するフィットネスジムを作ります。でもそれだけじゃなくて、お客様の1日をコーディネートしたい

 

レッスンを受けるためだけにジムに来るのではなくて、その前後まで何かをお届けしたい

 

親友と企んでいるのは、ジムには銭湯をつけたら、レッスンの後に入ってもらえるんじゃない?とか、それからその親友がカフェが好きなので、プロテインやスムージー専門のカフェを入れたらどうかな?とか。

 

マッサージもいれれたらいいかな?とか・・・って妄想をして2人でニヤニヤしています。

 

あとは子育て中の親にだって趣味があってもいいと思うし、発散してもらいたいから、レッスン受講中に子どもを預けられる場所もあったら?とかって、壮大な夢を描いています。

 

子育て支援にもめちゃめちゃ興味しかありません。そういうゼミに所属しています。

 

バカみたいですよね?やりたいが沢山あって、いやいや、笑わせんなって言われてもおかしくないようなでっかい夢があります。

 

でも、こちとら大真面目です。

 

未来を自分たちの手で明るく。

 

明確に、いつまでにジムを建てるだとか、どういう施設にするのかは一切決めていませんし、費用も考えていません。

 

ただ今は、みんなで最強に楽しく体を動かせるフィットネス施設を作ると考えています。大真面目です。

 

どれだけ需要があって、どうしたら広まっていくのか、どうしたらお客さんは集まるのか、どうやって建てるのか、を明確にするために、

 

今は自分でボクササイズ教室を開いてみます

 

 

www.kannamstyle.work

 

 

そうやっていくうちに、少しずつ見えて来ると思うので、とにかく今は走ります。走り続けます。

 

『経営するのに、期限を決めないなんてありえないけれど、準備しないのはもっとあり得ない。だから今はそのために動いてるんでしょ?それでいいんだよ、そうやっているうちに見えて来る。』

 

そうやって、言われたことがあります。これでいいのだろか?と悩んでいる時に言われた言葉です。少し安心しました。

 

どうなるかわからない未来に向かって走るなんてめちゃめちゃ不安だけれど、その不安をも楽しんで、走り続けていたら明るい未来が待ってるって信じています。

 

 

最近のブログは私の夢の話ばかりですが、それは私のブログを書く目的でもあります。

 

🌟ブログを書くことで、自分自身の考えを冷静に整理してマインドを保つことで、夢を叶えたい。

 

その夢が、人の役に立つことであったり、地元に貢献することです。

 

 

 

大分県に必要とされる人間になりたいです。こちとら、大真面目です。

 

 

 

 

さ、生理だからって止まってらんないんで、やリますか。くじけそうになった時は、一旦立ち止まります。

 

そうやって、ちょっと無理して、ちょっと休憩して。

 

そしたらまた、ちょっと無理して走り出せばいいよね。

 

大丈夫、いけるよ。

 

JUST DO IT!!

 

願晴れ、私も願晴る。

 

 

 

 

 

あ、高良さんのトレーナオーディション、

この投稿にいいねお願いしますね(土下座)

 

www.instagram.com

 

なんの話?と思ってらっしゃる方は、昨日のこの記事をご覧ください。

 

www.kannamstyle.work

 

 

いいね数が審査の評価対象になります。

 

あなたの清き一票が必要です。よろしくお願いします。

 

www.instagram.com

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

愛してる。