かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

ラストレッスン。

 

東京でのインストラクターとして、ラストレッスンと、最後の勤務も終え、いつもの焼肉屋さんに飲みに行き、その後三軒ハシゴして、1円も出させてもらえず、朝まで飲みました。

 

こんばんは、

村田夏菜(かんな)です。

 

そして今、タクシーに乗って帰ってきたところ。午前4時半。

 

今日も今日とて楽しすぎた。

 

本当に最後だったのかな?

また朝4時に起きて6時半から働いて、7時からレッスンして。

 

そんな生活が訪れるような気もします。

 

でも、もうそれも本当にないんですね。

 

これからは4時に起きなくても良いんだなあ。7時からレッスン無いんだなあ。笑笑

 

正直そんなんだから、めちゃめちゃハードな日々を送っていました。

 

それなのに毎日毎日楽しくて仕方のない東京でのインストラクター生活でした。

 

毎回レッスンする前、心の底から楽しみで仕方なくて、レッスン中も楽しくて楽しくて楽しくて仕方なかったです。

 

それは、やはり私自身が病気で身体を動かしたくても動かせない過去があったから。

 

動けるだけで幸せなんです。楽しくて仕方ないんです。

 

脚があるだけで幸せだと思います。

 

身体を動かすことの本当の楽しさを知ったから。

 

自由に動かせるようになって、それが嬉しくて楽しくて、みんなに共有したくてインストラクターになりました。

 

早くレッスンやりたい!早く早く!って頭の中でレッスン風景イメトレして、キューイングの練習して。

 

鏡見て、フォーム確認して、入念にストレッチして、頭の中に音楽流して。

 

好きで好きで仕方ない、楽しくて楽しくて仕方ない。

 

完全に熱狂していました。本当に狂うほどいつもキューイングしてました。狂ってた。

 

レッスンを心の底から愛していました。

 

こんなに好きになれるものがあるのかと、今涙を流しながら思っています。

 

フィットネスが死ぬほど好きです。

 

ひとりでずっとずっとカウントとって、いつもブツブツブツブツ喋ってました。

 

どうやって盛り上げようかな?どうやって楽しい空間にしようかな?どうやったら皆さんの目にはカッコよく映るかな?

 

そうやって、いつでもバカみたいにレッスンのことで頭がいっぱいです。

 

 

 

 

今日はレッスン始まる前に、最後か〜、そっか〜( ; ; )と思っていましたが、

 

始まってしまえば、特に最後だ〜って気持ちはなくて。その空間をただただ楽しんでいました。

 

ラストだからとか全く関係なしに、いつも通りに最後まで全力でやりきりました。

 

今日も今日とて最高に楽しかった。いつも通りでした。

 

何か特別に違ったことと言えば、終わった後に頂いたお客様からのありがたい言葉です。

 

「Canty先生狙いで予約して通ってました」

「いつも元気もらってました」

「Canty先生のレッスンは本当に毎回毎回楽しかった」

「エネルギーに満ち溢れてて頑張らなきゃってと思わせてもらってました」

「Canty先生が大好きです」

 

見事に泣き虫Canty、号泣させてもらいました。

 

その横で見守ってくれてた先輩も目を真っ赤にして泣いてくれていました。笑笑

 

よく私のレッスンに入ってくださるお客様が多いラストレッスンでした。

 

こんなに幸せな事があるでしょうか。

 

最高に幸せな45分間。超気持ちよかった。

 

マジで毎回のように私のレッスンに入ってくださるお客様も今日もやっぱりいらっしゃって。

 

有り難すぎる。

 

その方なんて、明日もCanty先生のレッスン行きますねって、ホント毎日言ってくださってました。

 

頂いたA4、1枚にびっしり文字が詰められた手紙には、Canty先生の大ファンです」と書かれていました。

 

初めて受けた時にかっこよ過ぎて惚れて、これからずっとCanty先生に着いて行くと思ってました。

 

って書いてありました。

 

あまり直接は言われた事はありませんでしたが、この手紙を頂き、毎回私のレッスンに入ってくださっていたので、本当にそう思って頂けてたんだろうなと今感じております。

 

満員で予約が取れなくて、キャンセル待ちしてくださっていたお客様は、「今日一日中、予約画面見張ってキャンセル待ちしてました。本当に来れて良かった」そうおっしゃって下さいました。

 

私が目指していたインストラクター像がコレで。

 

「この人のレッスンが受けたい」そう思わせられるインストラクターになる。

 

なので、本当にとっても嬉しかったです。

 

他にもお手紙を頂き、ありがたい気持ちと、インストラクターを本気で目指してよかったと思っているところです。

 

こんなにもたくさん、プレゼントも頂きました。

 

スタッフの皆さんからもたくさん。

 

f:id:kannam__style:20190726044138j:image

 

8ヶ月。たったそれだけの短い期間での勤務でした。

 

インストラクターデビューしてからはまだ半年しか経っていないのに、こんなにCantyを愛してくださいました。

 

今日ぐらい自意識過剰にならせてください。皆様からの愛を感じました。

 

この職場では、全員が先輩でした。

 

私が入社したのが一番遅くて、しかもダントツ一番年下で若かった。最後まで。

 

最近入ってきたような、クソガキの、ど新人とたくさん仲良くしてくださって、優しくしてくださって。すぐ辞めたのに。

 

困った時にはアドバイスを頂いて。

 

先輩の背中を見て、大変成長出来ました。

 

 

 

今日、ひとりの先輩に初めて聞かされた感動話があります。

 

「Cantyが入社してくる時、もう人足りてたから本当はいらなかったんだよ。

だけど、私が面接に居合わせて、Cantyすごく印象、感じがよかったし、元気に挨拶してくれたから、店長にあの子逃しちゃダメだよ勿体無いって言ったんだ」

 

って、話してくれたんです。

 

(´;Д;`)

 

そうだったの!?!?全く知らなかった😭😭

 

この先輩が居なかったら私はもしかしたら働いてなかったのかもしれないと思うと、すごく幸せで嬉しかったです。

 

そして、「入ってきてからも最初の印象のままだったしね、素直で元気で良い子だった」

 

グッサグサグッサグサ刺さりました。

 

本当にありがとうございます。

 

もう、紹介しだしたらきりがないぐらい他にもいろんな先輩やお客様に有難い言葉を頂きました。

 

なんて幸せな8ヶ月間だったんだろう。

 

あの日、あの時。やりたいと思った瞬間に、やってたアルバイトを速攻で辞め、応募して良かった。

 

私のスーパー元気な性格を最大限に活かせる仕事を見つけられた。

 

もともとアクティブでしたが、この仕事を始めて余計にSuper Active Powerful Girl💜が増しました。

 

どうやらお客様曰く、フロントにいるCantyちゃんは可愛らしい大学生だけど、レッスンモードになるとProfessionalのCanty先生だったらしいです。

 

初めて言われました。コレは本当に意識していたので最高に嬉しい。

 

この8ヶ月間で、とっても自信がつきました

 

私のレッスンを求めてくださってるお客様方がいらっしゃって、私といると楽しい、いつも元気をもらえたというスタッフの先輩方がいらっしゃる。

 

私の方こそなのにな。

 

でも、私は「人に元気やパワーやエネルギーを与えられる人になりたい」と常々思っているので、そうやって言われると、あ〜理想の人間に近づけてるかも。そう思わせていただきました。

 

憧れがどんどん叶ってく。

 

夢が目標になって、

目標が現実になっている。

 

最高に充実していました。

 

あ〜、私めちゃくちゃ頑張ってる。めちゃくちゃ頑張ってきた。

 

それでもまだまだ現状に満足する事なく、どんどん前へ前へと歩みを進めていきます。

 

次のステップへ。

 

大分県をフィットネスで

元気にする

 

たったの8ヶ月間という短い間に凝縮された学びを、いざ発揮する時。

 

今度は、元からある形に所属するのではなく、自分の手で全部作り上げました。

 

もちろん他の人の助けがあってです。

 

あと9日後、地元大分県でボクササイズ教室始めます。

 

f:id:kannam__style:20190726102903j:image

 

自ら提案し、自ら動き、いつだって本気で居たら、協力してくれ、夢が目標になって、目標が現実になろうとしている。

 

まだまだいける。どんどんいける。

 

寂しさも悲しさもある。

 

けれども、進まなきゃ。どんどん前へ前へ。

 

夢を目標にして、

目標を現実にするんだ。

 

 

 

大変お世話になりました。

 

Cantyを愛してくれてありがとうございました。

 

今後はCantyという名前を卒業して、実名で

村田夏菜 / Kanna Murata

でやっていきます。

 

f:id:kannam__style:20190726064145j:image

どすっぴんで汗だくだけど、相変わらず良い笑顔してるわ😊笑笑

 

 

 

 

 

 

最後に、インストラクター人生を送るのに反対で、安定した職について欲しいと願い私と大喧嘩したママから今日もらったメッセージを紹介して終わりにします。

 

私)最後のレッスン行ってくるね

母)分かった、足痛いのによく前向きに頑張ってきたね、偉かった。自慢の娘です。

 

もう完全に、私のやりたいを認めてくれました。

 

 

 

よし、行くよ。

 

どんどん行くよ。

 

今後とも村田夏菜(かんな)をよろしくお願いいたします。

 

大分県で暴れて、フィットネスでめっちゃくちゃ元気やパワーを届けます。

 

待ってろ大分。

 

JUST DO IT!!

 

 

(あと3時間でパパが来ちゃう✈️引越し準備をほぼ何もしてないから怒られちゃうかな🤣)

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も一日お疲れ様。

 

愛してる。

 

 

3929文字