かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

家族の温もりを実感した話。

 

こんばんは、甲子園の組み合わせが決まりましたね、

村田 夏菜(かんな)です。

 

熱闘甲子園を観て毎晩号泣する夏がやって来ました!

 

野球が好きです。

 

今日は、私のすきなジャイアンツの4番岡本選手が、3ランホームランを打ちました(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

パパとママと居酒屋に行っていたので観てませんでしたが、結果を見て嬉しくて仕方ありません。

 

この記事書き終えたら、DAZNで見逃し配信観ようと思います。

 

 

 

そうなんです、今日は家族サービスデーでした。

 

入院しているばあちゃんのところに行って、もう一方のばあちゃんじいちゃんの家に行って、叔父叔母の家に行って、いとこの家に行き、ママとパパと居酒屋に行きました。

 

地元すぎるwww

 

地元にいないとこんなこと出来ないですからね。

 

親戚がたくさんいるのは嬉しいことですね。温かい気持ちになる。

 

今まで東京で一人暮らしをしていたので、久しぶりにこんな気持ちになりました。

 

そんなこんなで今日は、家族の温もりを実感した話です。

 

パパとママに、「家に帰るのが楽しみになった」って言われました。

 

「帰ったらかんながおるのが信じられないぐらい嬉しい」と。

 

私のパパとママは、私を自由にやりたいことをやらせてもらえて、広い世界を見てこい!的な親なので、なんでもやらせてくれたんです。

 

だから私はなんでも挑戦できた。なんでも挑戦できる環境にある。

 

だから、東京に出るのも行ってらっしゃい!一人で海外に行くのも行ってらっしゃい!そんな両親です☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

 

いつだって応援してくれる、いつだって背中を押してくれる、最高の両親なんです。

 

だから知らなかった。まさか私が上京するのが死ぬほどさみしくて苦しかっただなんて。

 

相当子どもの旅立ちは胸が痛くて、心配で、寂しいらしいんです。

 

私には2つ上の兄がいますが、兄も東京にいます。

 

だから、パパとママは4人で暮らしていたのに、息子、そして娘、一人、また一人と旅立って行ったのです。

 

確かに、寂しそうだしママは毎回私たちが、帰省して東京に帰るときに、号泣しますが、それを言葉にされたことはありませんでした。

 

だって、パパとママはめちゃめちゃ仲が良いし、

パパは、『ママがおるけん大丈夫』と言うし、

ママは、『パパがおるけん大丈夫』って言うんです。

 

しょっちゅう二人で居酒屋に行ってる写真が送られてきたし、デートしてるし♪(´ε` )

 

あまりこちらは心配してませんでした。

 

でも、親としては相当心配していたそうです。

 

本当に毎日子どものことは心配で仕方なかったんだって。

 

それなのに、私たちのためを思って、この大きな、広い世界へ羽ばたかせてくれました。

 

おかげで私はいろんなことに興味を示すようになって、いろんなことに挑戦するようになって、いろんな世界を見てきて、成長できたんです。

 

こんなに世界は広いのに、生まれ育った町しか知らないような、狭い世界でしか生きられないような人間にはならないようにと育ててきてくれたんです。

 

だから、東京にも行かせてくれたし、海外経験もたくさんさせてもらっています。

 

のびのびと育った。のびのびと育ててくれた。

 

そうやって、いろいろ経験してきて、それでも私は地元に帰りたいと思いました。

 

私が豊かに暮らせるのは、やはりここ地元大分県だと思って。

 

※詳しくはこの記事で 

www.kannamstyle.work

 

 

だから、帰ってきたのです。

 

今、東京を去り、実家で暮らしています。社会人になるまでの間は実家暮らしです。

 

そしたら、両親は最高に幸せなんだそうです。

 

それくらい寂しかったし心配だったんだとか。

 

まぁ私があまりにも心配させるようなことばっかりしてたのもあると思いますが・・・!!!笑

 

家に帰ったら、私がいるから、帰るのが楽しみなんだそうです。

 

信じられないって言ってました。

 

そんなに喜んでくれるんだったら、帰ってきてよかったなと思います。

 

自分の意思で帰ってきたわけですが、応えられているなら一石二鳥。

 

パパもママも責任のある仕事をしているので、まぁいろいろとストレスが溜まるようですが、家に帰ったら忘れるようになったって。

 

そして今日は、土曜日。3人で居酒屋に行ってたくさん喋って、『そういえば仕事のことは忘れてた』と言っていました。

 

あ〜。私はこんなに大切に育ててもらったんだなぁ〜とし合わせに思いました。

 

そして、じいちゃんばあちゃんにもすぐ会えるし、彼らはそれを喜んでくれる。

 

ばあちゃんなんて、『孫が会いにきてくれるのが一番幸せで嬉しい』と急に泣き出しました。(>人<;)

 

このばあちゃんの泣き虫のせいで私まで遺伝しています。(>人<;)

 

その涙ありがとう〜〜〜、孫も幸せじゃよ〜〜〜!!!

 

『かんちゃんが来たら元気になるなぁ』と言ってくれるのです。

 

じいちゃんはあまり体調が良くないので、顔色が悪いし元気がないのですが、私が行ったら元気になります。死んだらいけんよ〜!

 

とは言え、もういつ死んでしまっても後悔のないぐらい私はじいちゃんを大事にしてきたつもりです。まぁ本当に死なれたら気が狂いそうですが。

 

会うたび、肌に触れて愛を伝えてます。このふれあいが結構大事だな〜と思って。

 

今日は寝てるじいちゃんを引っ張って起こして、ハグしてあげて、ずっと手を繋いであげました。

 

大好きだからです(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

そしたらばあちゃんが、「かんちゃんが来たらじいちゃん笑い出すけんなぁ」って。

 

じいちゃんは終始ニヤニヤしてます。笑

 

よかったよかった。帰ってきてよかった。

 

元気でいて欲しいしね、私がいて元気になるんだったら、いたらいいと思って。

 

なんせ、この人たちがいるから私がいるわけで、この人たちが頑張ってきてくれたから私が自由になんでもできる環境にあるわけで。

 

恩返し、親孝行、じじばば孝行をせねばならんのです☺︎

 

家族を大事に大事に。

 

そんなこんなで今日は、家族の温もりを実感した話でした。

 

今自分が存在しているのは、紛れもなく産んでくれた人がいるからで、育ててくれた人がいるから。

 

そんな自分にとっての家族は大切にしなければいけないと思っています。

 

そうは思っても、思いやりのない行動を取ってしまったりしてしまうことがあるんです。生意気言ってしまったり。

 

でも、こうやって必ずどこかで、感謝すべきタイミングがくるのでその時は、ありがとう。と、伝えていこうと思います。

 

私の心にはいつも家族がいる。

 

いつもありがとう☺︎

 

 

 

さっ、明日は東京に行きます。

 

せっかく東京を退去して実家に帰ってきましたが、ゼミ合宿があるので東京へ笑

 

先週まで住んでたのに・・・!!!

 

ゼミ合宿は明後日からなのですが、明日は学生トレーナーの交流会があるのでそれに参加します☺︎

 

楽しみだなっ♫

 

飛行機が早朝便なので、そろそろ寝なきゃ・・・

 

九州に台風が来てますね、帰りの飛行機飛ぶといいな。

 

てか飛ばなきゃ困る。なんせ次の日はボクササイズレッスンのスタート日なんだから。

 

それだけをずっと祈ってます。

 

よし。岡本選手のホームランのシーン見たら寝ます(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

愛してる。

 

3001文字