かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

夢を語る勇気。 Part1

 

こんばんは、腹痛が治りません

村田 夏菜(かんな)です。

 

ゼミ合宿中です。

 

そんな今日もブログを書いているんだあ!!(>人<;)

 

ゼミ合宿のナイトパーティーが始まる前にいっそいで書いてます(☝︎ ՞ਊ ՞)☝︎

 

今日はずっと朝から卒論の経過報告をしてます。

 

座り続けて痔になりそうです。

 

夜はAirbnbで部屋を借りて、みんなでワイワイするハッピーナイトになる予定。久しぶりに大学生しています。

 

今日は、夢を語る勇気についてお話しします。

 

今日と明日の二日間かけて、この話をする予定です。

 

昨日、私は全国若手・学生トレーナー交流会というイベントに参加しました。

 

そのイベントは朝から夕方までみっちり色んな講義やグループワークが詰まってたのですが、最後に、

 

夢プレゼンというコーナーがありました。

 

これは、3人グループになって、自分の夢を3分間で2人に向けて語るというものです。

 

なんですが、司会の方が、

「参加者のうち誰か1人だけ、自分の夢を全員の前でプレゼンしたい人はいますか?」

 

と言っていました。

 

反射で私はバッ!!と手を上げてしまったのです🙋🏼‍♀️笑笑

 

自分でもビックリするぐらい早かった(>人<;)

 

というわけで、40人の前で

即興夢プレゼンをしました。

 

。・゜・(ノД`)・゜・。

 

このブログで毎日のように言っている、

「地元大分県にフィットネスを広めて元気にする、盛り上げる」

 

という夢を発表してきました。

 

そういえば特に時間制限も言われなかったので、自分の好きなようにペラペラと。

 

自ら手を挙げてプレゼンします!と言ったくせに、いざやろうとなると体が震え上がったのがマジで忘れられません。笑

 

心拍数がとんでもなく早くなってました。

 

私は人の前に立って話したりするのが好きだし得意なので、いつもあんまり緊張しません。

 

なのに昨日はとんでもなく緊張をしました。

 

息苦しくなるぐらい、呼吸するのがキツくなるぐらい。

 

 

夢を大勢の前で自分の口で語るっていうのが、私の中ではこれまでとってもハードルが高かった。

 

夢を大勢に語り出したのは、ブログを始めてからです。しかも語るというより、文章にしているだけ。

 

ブログに夢を書き始めるときもめちゃくちゃ緊張しました。

 

私は夢を語るのが下手でした。

 

下手というか、語りたくなかった。

 

だって、堂々と公表して叶えられなかったら恥ずかしいと思っていたから。

 

プロバスケット選手になりたかった夢も、歌手になりたかった夢も、英語の先生になりたかった夢も、客室乗務員になりたかった夢も、自分の中に留めていました。

 

なれなかったら恥ずかしいから。

 

私はプロバスケットボール選手になるんだ!じゃなくて、

 

なれないかもしれないというネガティブな可能性を自分で勝手に作り出していたんです。

 

そしてそのせいで、今まで見てきた夢は全て叶っていないし、すぐ諦めました。

 

口にしないから具体化されないし、誰からも応援されないんです。

 

そんな夢叶うわけあるかー!!笑笑

 

叶っても叶わなくても誰にも関係ないんですよね。

 

完全に夢を夢のままで終わらせてしまっている。

 

つまんないだろうな、なんのために頑張ってたんだろう。

 

果たして叶える気はあったんだろうか?

 

今となってはそうとまで思います。

 

 

でも、夢を語るのってめっちゃくちゃ勇気がいるんですよね。そういう人が多いと思います。

 

私は昨日夢を語った後、胃が痛くなりました。笑笑

 

それほど、エネルギーを使ったし緊張したんです。

 

よく頑張ったね(小声)笑笑

 

大きな夢を描けば描くほど、この日本という国は何故か叩かれるシステムになっています。

 

この謎のシステムのせいで、夢を語れない人が多いのだとも思います。

 

怖いに決まってます。

 

そんな私が昨日、相当な勇気を振り絞って、大勢の前で夢プレゼンをできたのは、

 

この人たちなら、応援してくれると思ったからです。

 

 

 

めっちゃいい話の途中ですが、パーティが始まるのでこの続きは明日。笑笑

 

ゼミ合宿楽しんできますね。

 

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も一日お疲れ様。

 

愛してる。

 

1757文字