かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

大抵のことは何とかなると教わった話。

 

こんばんは、夏バテ寸前〜〜

村田 夏菜(かんな)です。

 

今日は、一日中外で活動をしておりました。

 

外ってバテますね(>人<;)慣れてないから暑すぎてどうしようかと思った!!

 

というのも、私がいつもボクササイズレッスンでお世話になってるトレーニングジムのトレーナー、親友家族上野家のお手伝いで大分のドームに行ったんです。

 

f:id:kannam__style:20190810222449j:image

 

この上野家のパパが、ジャベリックスローという陸上競技障がい者選手で、日本記録を持っています。

 

めっちゃ凄い人なのです。

 

そんな上野パパに大抵のことは何とかなると教わった話を今日はしますね。

 

そんで今日は、大分の昭和電工ドームというところで、大分トリニータVSヴィッセル神戸の試合がありました!⚽️

 

私はサッカーはW杯の時テレビで観るぐらいで、全然分からないのですが、招待してくださったのでお邪魔しました!

 

初めて見たけど、皆イニエスタを観に来ていたのでドームは満員でした!

 

サッカーって面白いんですね!生で観たら興奮しました。

 

そのドームの外でイベントスタッフをキックオフまでやってました。

 

なのでめっちゃ暑かったってわけです!

 

目の前で人が救急車に運ばれていきました、、、

 

完全に脱水で全身つっていたので、皆さん本当にお気をつけください。

 

お水は死ぬほど飲んでください、、!!

 

 

 

そしてその外で行ったイベントというのが、先ほど紹介した上野パパの陸上競技ジャベリックスローのデモンストレーションです。

 

実際に、来場者の皆様にジャベリックスローという競技を体験していただくというもの。

 

簡単に言うとやり投げみたいなものです。

 

私も今日初めて体験しました。

 

上野さんのイベントを開催して欲しい!とトリニータにお願いされるほどなので、かなり凄いんだろうなあと思います。

 

そんな上野パパは先ほど紹介しましたが、障がい者になります。

 

初めて会った時、足を引きずっていたので怪我かと思っていましたが、

 

交通事故と、悪性の腫瘍によるものでした。

 

死にかけているんだとか。

 

余命宣告も受け、病院の屋上から飛び降りようと何度もしたそうです。

 

こんな元気な、明るい前向きな人にこんな過去があるなんて知らなかった。

 

彼はいつも笑っていて、いつも楽しそうです。

 

そしてとっっても優しい。

 

人の気持ちがわかる人なんだろうなと思います。

 

 

もちろん体の痛みも、心の痛みも。

 

どれだけの苦しみがあっただろう。

 

分かってあげたくても、分かってあげられない痛みがあったんだろうなと思います。

 

でもなんで今、元気いっぱいに生きてることができているんだろう?

 

私はそう疑問に思い、聞いてみました。

 

「なんで今は元気に生きてることが出来てるの?」と。

 

すると、こう返ってきました。

 

家族が助けてくれたから」

 

まだその時、彼の娘であり、私の親友である”まいな”はとっても小さかったらしく、ママ(奥さん)に、

 

「あなたには、まだたくさんやらなきゃいけないことがあるんだから、生きなきゃダメだよ。」

 

そう言われたんだって。

 

そしたら、

この人たちのために生きなきゃ。

 

そう思ったらしいんです。

 

せめて、せめてね。

娘たちが成人するまでは生きなきゃダメだって。

 

そう言い聞かせて生きてきたんだそう。

 

「そしたら、いつのまにか、娘たちは大人になっちゃってたよ!(^^)」って笑って言うのです。

 

生きてるだけで、幸せなんだそう。

 

今日そんな話を、イベントに行くまでの車でお話ししました。

 

家族みんなが元気でいてくれたら。

 

そう思って生きてるんだろうなと思います。

 

「超波乱万丈だわー!あはは〜!」って言うてました。

 

いろんな厳しい壁を乗り越えてきたから、もう、少しぐらい辛いことも、どうってことないようです。

 

彼はよく、「大丈夫、大丈夫!なんとかなる!」って言います。

 

すっっげえ説得力があるな〜と思いました。

 

そうですよね、大抵のことはなんとかなる。

 

死ぬこと以外かすり傷だ。

そんなタイトルの本がありますね。

 

私の大好きな幻冬社の箕輪さんが書いた本、おススメです(^^)

 

 

死ぬこと以外かすり傷

死ぬこと以外かすり傷

 

 

 

人生において、死より辛いことって無いですよね。

 

家族が死んじゃったりしたら、気が狂いそうです。死にたくなる。

 

だから、生きてるんだったら、精一杯生きなきゃダメですよね。

 

今日改めて、そう感じました。

 

そして彼は、

「だからかんなも自由に生きるんだよ、やりたいこと思いっきりやりなね」と言ってくれました。

 

 

そういえば、おととい書いたブログで、私が100人規模のファットネスイベントがしたい!と言ったら、「もっとでかい夢持ちなよ?」と言ってくれたのは、この人です。

 

勇気が湧く。とっても。

まだまだできる、まだまだいける。

 

そう思わせてくれる大切な人です。

 

そして、「いつもありがとう」と伝えると、

 

「かんなの夢が叶うなら

なんでも手伝うよ」

 

そう言ってくれました。

 

本当に頭が上がらない。

感謝してもしきれない。

 

私の夢を全力でサポートしてくれるこの上野家を私は一生大切にしたいと思います。

 

なので今日も、

「かんなー、疲れてなかったらイベントのお手伝いして欲しい」と言われ、

 

「喜んで!☺︎」と即答したわけです。

 

いつもやってもらってばかりなのでね。

 

上野家、いつもありがとう。

今後ともよろしくお願いします。

 

何かあったらすぐ駆けつけますね☺︎

 

上野家がいるから、私がいるんです。

だから、私は頑張らなきゃいけない。

 

元気に、生きてるんだからね。

 

親友の家族と仕事をすることになってるなんて、素敵な巡り合わせ。

 

私は今やりたいことを精一杯やってて、とっても幸せです。

いや、やらせてもらってる。かな!

 

今日はそんなお話でした!

 

帰りの車でずっと書いてたので、ちょっと酔っちゃった。笑笑

 

暑かったし頑張ったからゆっくり寝よう。

 

明日はお盆休みで、兄が東京から帰ってきます。

 

家族全員で心待ちにしている!!

 

無事に帰ってきてね!!

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

愛してる。

 

2546文字