かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

とりあえずやってみる。

 

こんばんは、いとうあさこから刺激を受け、マラソンを決意した

村田 夏菜(かんな)です。

 

49歳がめっちゃ頑張ってるの見て、

21歳の私、頑張ろうと思わせてもらいました。

 

ありがとう、いとうあさこさん!!

 

5kmは走れるので、10kmから挑戦します。

11月のマラソン大会にパパと出場するのを決めました。

 

1時間切れるように頑張ります!!

 

 

 

 

今日は、昨日の続きをしようかと思います。

 

昨日、とりあえず考える前に動こう、

なんでも挑戦してみよう!という話をしました。

 

www.kannamstyle.work

 

 

 昨日のこの記事で、こんなことを書きました。

 

どうせ、何かやる前に色々考えたところで、

その通りになることなんてほぼ無いのだから。

 

 

 これを実感した経験を思い出したので、紹介しようと思います。

 

2年前の、ちょうど今頃の話です。

 私は、その頃オーストラリアで海外インターンシップをしていました。

 

海外インターン?なにそれ面白そう!

軽い気持ちでと応募してしまいました。

 

これもなにも考えていません、(このインターンでボロボロになるなんて全く思っていませんでした☺︎笑)

 

そんな感じでいつも生きています、楽しそうな方へ、ワクワクする方へ突っ走ってます。

 

そんな生き方は良い時もあれば悪い時もあります。

この海外インターンの選択では、莫大な費用がかかったことです。

 

なんとかなるだろ!で応募したら、とんでもない額のプログラム費の請求がきました☺︎

 

親にもなにも言わずに、エントリーしてたので、金額を見て、

ん?これはまずい、自分だけではどうにもならない。ってなってしまったことです。

 

結局、自分で出せるところはほぼ出して、出せなかった分を頭を下げました。

 

本当に後先考えないず行動してしまい、この時ばかりは流石に、

なにも考えて無過ぎとかな〜〜り怒られました。

 

それでも、結局認めてくれて頑張っておいでと送り出してくれるこの親には一生頭が上がりません。

 

 

 

そして、始まった海外インターンの挑戦。

 

いろんな職種が選べました。

学校での仕事、カフェでの仕事、アパレルでの仕事、旅行会社での仕事、一軒一軒家を回る営業。もちろん海外でです。(他の海外インターン経験者もとっても苦しんでました。)

 

これらの職種は全てレベル分けされてました。

なので、私はどうせ挑戦するなら、一番難易度高い仕事した〜いと思って、最高レベルのものを選択しました。

 

空港インターンです。

 

客室乗務員に憧れたこともあったし、これだ〜!と思ってエントリーしました。

 

が、これが人気の仕事で倍率が高く、学校と企業を繋げてくれたエージェントの方に、あなたじゃ無理だとオブラートな言い方で言われました。

 

もう少しレベルの低いところを第3希望まで考え直して提出してください、と。

 

私はそれが死ぬほど悔しかったので、

は?うるさい、私が絶対空港に行くんだ!!と思って、第一志望空港インターンのみでもう一回提出してやりました。嫌な奴です。

 

この審査には面接もあって、履歴書もあって、エントリーシートもありました。

もちろん相手は海外の企業なので全て英語です。

 

面接が得意なのは分かっていたので、これは勝ったと思い、パワフルガールのやる気を面接で見せつけたら、結局、

 

『あなたが一番空港で働くところが想像できた、人柄とガッツにやられたよ』と言っていただけ、見事空港でのインターンが決まりました☺︎

 

 



f:id:kannam__style:20190829000433j:image
f:id:kannam__style:20190829000324j:image

 

この空港インターンでは、

インフォメーションセンターで、困っている旅客を助けるという仕事でした。

 

(詳しいことは、以下のURLにアクセスしてもらえればと思います。

エージェントと、現地の企業にインタビューをお願いされ、載せていただいたものです。

www.iccworld.co.jp

 

www.internships-au.com

 

 

空港は、これから観光する人や、ホテルに向かう人で溢れています。

 

彼らからこんな質問をされます。

「中心地に行くにはどうしたら良い?」

「乗り換えはどこに向かえば良い?」

「この飛行機は遅れてる?」

「落し物をしたんだけれど。」

 

 

もう、質問攻めです。しかもいろんな種類の。

次から次へと質問されます。パンクするわ!ってぐらい。

 

インフォメーションセンターでの仕事なので、ある程度の質問を予想して、事前に準備していったのですが、文法や英語の表現以外は

ほとんど役に立ちませんでした。

 

やってみないとわからないことだらけ。

いやてか、全部やってみないと分かりませんでした。

 

まったく見知らぬ土地で、まったく知らない人に、まったく知らない土地の説明をするのがインターンの内容です。

 

一応、空港内の地図や、観光案内は調べて行きましたが、そもそも空港がまったく想像できないのでそりゃ、分からんわ〜って感じですが、本当にやってみないと何も分かりませんでした。

 

これが、今日言いたいこと、

 

どうせ、何かやる前に色々考えたところで、

その通りになることなんてほぼ無い

 

です。めちゃくちゃそれを実感した瞬間でした。

 

準備したことがまったく意味がなかったとは思いません、英語の勉強にはなったし、観光案内は役に経ちました。

 

しかし、想像もしていなかった質問ばかりに遭遇しました。

 

「レンタカーってどこで借りれる?」

って質問とかまったく想像してなかったし、まずレンタカーの種類も知りません。笑

 

日本とはまったく会社が違うし、それを覚えるところからのスタートです。

 

だから、現場に出てみないと何も分からない!

っていうのを実感しました。

 

なので、何かを始める前や挑戦する前に、色々考えたところで、

大抵は何の意味もない

 

だからもう、とりあえずいろんなことをやってみる、現場に出てみる。

あれやこれやと考える前に、やってみる。

 

それが大事だなと思いました。

 

やってみてから考えれば良い、そして違ったらやり直せば良い。

そう思います。

 

 

というわけで私は、とりあえず考える前に動こうと意識しています。

 

おまけに何かやる前に色々考えてしまうとネガティブになりがちで、

どうしよっかな〜やろっかな〜でもな〜失敗したら嫌だしな〜って、色々考えて、

 

やらない可能性を自分で生み出し、

貴重な経験を無駄にしてしまいます。

 

 

やってみれば、成功しても失敗しても何かしらの学びがあって成長があるので、それでよくね?と思います。

 

できるできないじゃなくて、やるかやらないかだ〜!です。

www.kannamstyle.work

 

 

恥ずかしさや、プライドはどっかに捨てました。

 

プライド高々野郎だった頃の自分がバカみたいです。

 

人前で失敗しても良いや、そうやって成長していくからそれで良いいやと思えるようになったら、何でも挑戦できるようになりました。

 

こうなったらどうしよう・・って考えるのは勿体無い。

そうなるかもしれないけどならないかもしれない!

 

ってか、そうなってしまった時に考えれば良いや〜て思ってます。

 

そうしたら可能性は広がります

挑戦すればするだけ可能性は広がるので、

 

まぁとりあえず考えずにやってみようぜと思いました。

 

本日は以上です。

 

 

そういうわけで、どうなるかは分かりませんが、

自分のフィットネスイベント開催しようと思います。

 

アリーナでです。

めっちゃでかい場所です。

 

もしかしたら、満員になるぐらい人が来るかもしれないし、すっからかんかもしれませんが、やってみないと分からないのでとりあえずやってみます。

 

自分がブランド化できてるか、確かめたいなと思います。

施設の空き状況次第ですが、必ずやります、申請中です!

 

 

明日もレッスンあるので寝ましょう!

明日がラストの無料レッスンです!

 

8/29(木)14:00~,19:00~
場所:杵築市文化体育館エレベーターホール

 

お待ちしております☺︎

 

 

(海外インターンに興味がある方は是非声かけてくださいね)

ゴールドコースト綺麗だったな🌊

f:id:kannam__style:20190829000547j:image

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も一日お疲れ様。

 

愛してる😘

 

 3404文字