かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

心に決めた事。

 

こんばんは、福岡に向かっています🚞

村田 夏菜(かんな)です。

 

明日、福岡空港からタイへ出発するので前乗りしてお友達の家に泊まらせてもらいます。

 

そんな電車での移動中に今日は書いてます!

飲んでわちゃわちゃして友達と楽しくなったら書かないのが目に見えているので(^∇^)

 

そんな今日は、キングコング西野さんの講演会に行ってきました。

西野さんが別府に来てくれたのです。

 

f:id:kannam__style:20190901165919j:image

 

現代のお金と広告の話。

たったの90分だけで、もっともっと深い話が聞きたかったなと思いました。

 

そして西野さんもそうおっしゃっていました。

時間が足りないので、後は本を読んでください!と。笑

 

今日は、西野さんの著書

革命のファンファーレに書いてあるようなことをお話ししてくださいました。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

 

現代のお金と広告の話で、もうとにかくウンウンと頷くばかり。

 

この本の事をおっしゃっていたので、講演内容は割愛しますが、私が今日、彼の話を聞いて

心に決めた事を書こうと思います。

やろうと決意したことです。

 

先に答えだけ言うと、

地元でのフィットネスイベントで、地元の産物を売るという決意です。

 

 

 

私は前々から、

地元でとっっっても大きなフィットネスイベントをやりたいと言っています。

 

そして夢でした。

 

今地元で1日40人くらいの規模のボクササイズレッスンをやっていて、これを更にでかくやりたいという夢です。

 

規模としては、このアリーナを使って

150人が目標です。

f:id:kannam__style:20190901170716j:image

 

8月からレッスンが始まり、総勢292名の方にお越しいただきましたので、可能であると思っています。

 

というか、実は遂に開催が決定しました。

 

まだ広告を作っていないし、内容もまるで決まってなく、場所を抑えただけなので何もお伝えできないのですが、

 

日付としては、

2019年12月7日(土)

 

場所は、杵築市文化体育館のアリーナです。

 

予定を空けておいてください。

フィットネスイベントをやります。

 

この開催が決まったのが、私が口に出してアリーナでイベントやりたいと言っていたのもありますが、

 

現在行なっているレッスンは、市の施設をお借りしています。

 

なので毎度市役所の方にお世話になっているのですが、その市役所の方々が、

 

「ボクササイズが盛り上がってる」

と、わざわざレッスンを見に来てくださいました。

 

そして、これだけ盛り上がってたら、

市のイベントとしてやってもらおう、と言ってくれたのです。

 

アリーナをまるまる使って、100人単位のフィットネスイベントをやるなんて、私の地元では前代未聞です。

 

大分県でもないと思います、あったら参加してるので。

 

 

そんなことが決定したのですが、

私の一番の夢は、こんなイベントをやるとかどうとかよりも、

 

地元に貢献したい、

フィットネスで地元を盛り上げたい

 

という想いです。

 

フィットネスで地元盛り上げるとは言えども、どうやって?というのはずっと自分の中で疑問に思っていました。

 

人が集まるだけでは地域活性化の限界があります。

その先をどうしようという問いです。

 

 

 

なので、このど田舎で、フィットネスイベントをやると言って100人単位で人が集まるのに、

 

それだけでは終わらせねえって思いました。

 

※集まる集まらないの話ではなく、必ず集めるので150人が集まる前提で話します。

 

西野さんは、自分の絵本を多く売るためにはどうしたらいいかを考えた時に、

 

まずは、売れるものってなんだろうと考えたそうです。

 

まず必ず売れるのは「生活必需品」だと言っていました。その通りです。

 

ブランド物のバッグや、誰かが書いた本などは買いたい人が買うだけで、必需品ではないので売れない。

 

けれど、

お水や食べ物は、生きていく中で必ず必要になる必需品なので必然的に売れる

 

あと売れるものは、お土産だと。

で西野さんは絵本を売りたかったので、その絵本をイベントのお土産にしてしまったわけですが、その話は是非彼の本をご覧ください。

 

絵本が売れるように、多くの人に届けられるようにするまでの過程がめっちゃ面白いです。

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

革命のファンファーレ 現代のお金と広告

 

 

 

 

で、私は地域を活性化させるためには、

必ずお金の問題に直面すると思いました。

 

当たり前のようですが、

地域にお金が落ちないことには活性化ができないからです。

 

じゃあ、このど田舎の地元にお金を落とすにはどうしたらいいの?と思っていた今日この頃に、彼の講演会を聞きに行ったのですか、

 

必需品を売るという当たり前のようなことを思いつきました。

 

次の問いは、

フィットネスイベントをやる際の必需品はなんだろうか?です。

 

そしてたどり着いた答えは、

「飲み物」

 

運動をしたら、喉が渇き必然的に飲み物を欲します。

 

もし、飲み物を持参していたとしても、足りなくなって

 

レッスン中やレッスン後に追加で自販機まで買いに行ってる人をそういえば私は何人も見かけています。

 

これは勿体ない、

どうせ飲むなら地元の産物を飲んで欲しい思いました。

 

この大分県は、地元の県産物を使ってめちゃめちゃ飲み物を作っています。

 

お茶やジュースやお水ももちろん。

日田天領水とかは特に東京でも売ってますし、有名です。

 

コレだ。

 

フィットネスイベントをやる際に、

地元産の飲料を売るブースを設けよう。

 

そして実は、私の通っている法政大学と地元の地域、杵築市はとっても繋がりがあって、

 

杵築市と、法政大学とでコラボで飲み物を作っています。大学内で売られてます。

 

なんという奇跡でしょう!運命か!

 

やるしかねえ。と思ったのでやろうと思います。

 

何か少しでも地元にお金が落ちるようなことがしたい、活性化に貢献したいと思っているので、

どうにかしていろんな人に頼み込もうと思います。

 

本日は以上です。

 

100人単位のフィットネスイベントを地元で開催することになったので、

 

このど田舎にそれだけ人を集めるのなら、

これだけでは勿体無いと思い、

 

地元に少しでもお金が落ちるよう、

活性化に役立てるよう、

 

地元の産物である飲料を売れるブースを作ろうと思ったって話です。

 

 

まずはいつもサポートしてくれる人に話し、通ったら、帰国後、市役所にお願いしに行きたいと思います。

 

 

あ、明日からタイとラオスに飛びます🇹🇭🇱🇦

キンコン西野さんが描いた絵本の、

モデルとなった場所がラオスでその景色が見たいからです。

 

それでは間も無く博多に着きますので、友達とモツ鍋を食べてハッピーナイトを過ごそうと思います。

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も1日お疲れ様。

 

愛してる!!

 


2947文字