かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない21歳大学生。

途中で諦める事が許されない人。

 

こんばんは、ボランティアをしました。

村田 夏菜(かんな)です。

別府大分毎日マラソン大会

通称「別大マラソン」での給水ボランティアです!

 

間も無く入社する企業の同期と先輩方と。

久しぶりに会った同期😆

f:id:kannam__style:20200202210549j:image

 

「どーもー!サカイ引越センターでーす」

とでも言ってそうな格好だ🧢

 

私が今バイトしているジムのお客さんも出場していたのでワクワクドキドキしながらのボランティアでした!

 

私は最後の給水場、41km地点にいたのですが、ちゃんと私の目の前を元気に通過してくれたのでホッとしました(^^)お疲れ様でした👏🏽

 

そもそもこの大会は、

フルマラソン42.195kmを3時間半で完走できる人にしか参加資格がありません。

 

凄すぎる😹😹😹

 

もちろん走っている全選手を尊敬したのですが、最も私が心を打たれたのは、

視覚障がいのある方とその伴走者の方です。

 

2人の手を紐で持って二人三脚のように一緒に走り続ける。

歩幅も合わせ、ペースも合わせ、呼吸も合わせ、腕の振りも合わせ。

 

また、視覚障がいのある方にとってのガタガタ道は、

健常者にとって目を瞑って片足で立っているような状態なんだそうです。

不安だしストレスも溜まることでしょう。

 

そうならないよう、伴走者の方は、

相手の「目の代わり」になって、安心させてあげなければいけない。

 

お互いに息が合わないと出来ないし、

一緒に走っていてマイナスになるような事ではいけないし、

お互いが信じ合って、走り続けることが必要なんだなと、感じました。

 

私がいた場所が本当にラストスパートのあと1kmという場所だったので、

伴走者の方は、大きな声で、

「後少し!後少し!ペースいいよ!そのままね!」

などと声をかけていて、

その光景にとても胸を打たれました

 

自分がきつくても、

絶対に伴走者はリタイヤ出来ないし、

マイナスな発言なんてもちろんできないし、

それから何より声かけするときの声のトーンも気をつけているのだろうなあ。

 

声の表情はトーンや抑揚によって、

前向きになれるようにしてるんだろうなあ〜すごいなぁ〜。って。

 

とてつもない責任感とプレッシャーだろうし、

それに打ち勝つ強い精神力の持ち主さんなんだな〜と思いました。

 

は〜すげえなあ〜。

ただ走れるだけじゃ絶対できない役割ですね。

 

2人でゴールできたら、何よりの喜びなんだって。そうだよな、二人三脚なんだから。

すごい絆だ。

 

心から感動しました。

とても勇気をもらったし、心を打たれたいい経験でした。

 

2人とも頑張れ!!!

って心の底から思った。

 

 

 

またいい刺激をもらった。まだまだ行ける。

行こう!!真っ直ぐ突き進め!!

 

JUST DO IT✔️✔️✔️



 

💜イベントのお知らせ💜

f:id:kannam__style:20200202211005j:image

 

✔️フィットネス好き

✔️ピラティスやってみたい

✔️ボクササイズやってみたい

✔️体を動かすのが好き

✔️背骨や骨盤の歪みを改善したい

✔️猫背を改善したい

✔️音楽ガンガンな環境でワクワクしたい

✔️スーパー元気で楽しいインストラクターと騒ぎたい!

✔️ダイエットを始めるきっかけにしたい

 

そんな人はぜひ。

大分県杵築市文化体育館へ。

 

最高に楽しい時間を一緒に過ごしましょう。

 

 

日時:2020年2月8日(土)15:00~17:00

ピラティス15:00~ ボクササイズ16:00~
場所:大分県杵築市文化体育館アリーナ全面
料金:各1部のみ参加500円、1部・2部両方参加800円(参加対象:中学生以上)
 

お待ちしております。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も一日お疲れ様。

 

愛してる。