かんなむらたのブログ

行きたいときに行きたいとこへ。見たいときに見たい景色を。会いたいときに会いたい人に。常識に屈しない新卒1年目の新入社員。

挑戦が台無しになる悔しさ。

 

 

こんばんは、ショッキングな事がありました😱

村田 夏菜(かんな)です。

出場予定であったリレーマラソンの大会が

コロナウイルスの影響により中止になりました。

 

f:id:kannam__style:20200221232012j:image

😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱

 

何が問題って、

せっかくの挑戦が台無しになってしまった事です。

 

今回、この大会には、いつも私のレッスンに参加してくださっているお客さんと10名で参加予定でした。

 

私がどうしてもこの大会に出てみたくて、

いつも頑張ってくれるお客さんの中から希望者を募集して、MAXの10名集まってくれました。

 

めちゃくちゃ勇気を振り絞って挑戦してくれたのです。

 

この大会に参加してくれる方は、

走るのが好きな方ばかりではなく、

どっちかというと嫌いとか、苦手とかそんな方がほとんどでした。私も含め。笑

 

そりゃそうなんだよなあ、、、

走るのが1番キツいに決まってるもん。

 

走ってる時はやっぱり孤独だし、

1人になると何のためにこんなに無理して走ってるんだ、、、って思ってしまいます。

 

レッスンが大好きな私にとっては本当に苦しいものです。

 

レッスンは、みんなが一緒に同じ動きをして、

同じ楽しさ、苦しさやキツささえも同じ空間で共有することが出来ます。

 

でも走ってる時はやっぱりそれが出来ない。

自分との戦いは本当に1番苦しいと思うんです。

 

いつも体を動かして、そしてそれをインストラクターとして教えている私もそう思うのに、

お客さんにとってはもっともっと苦しいと思う人も多かったと思います。

 

だから、この大会に出場する事には、

とても勇気と覚悟が必要だっただろうと思います。

 

それを悟って、ミサンガを全員分プレゼントしてくださるお客さんもいました。

f:id:kannam__style:20200222000457j:image
f:id:kannam__style:20200222000452j:image

 

そして、そんな勇気を出して覚悟を決めてくれた皆さんは、この大会に向けて練習をめちゃくちゃ頑張ってくれていました。

 

レッスンの場所までの往復家から走って来たり、レッスン前後に走ったり、皆さんの頑張りを毎日目にしていました。

 

だから、この大会の中止は本当に心苦しいのです。大きな責任も感じます。

 

ただ、今世界で起こっているこの状況では、

参加することで負うリスクの方が大きいかもしれなかったと思えば、これでよかったのかもしれない。

 

参加してくれる皆さんへ、中止の報告と謝罪を入れたところ、皆さん本当にやっぱり素敵な方ばかりで、

 

苦手なことに挑戦する機会を頂けて感謝しています

また一緒に参加したい

次参加する時声かけてください

走ることにチャレンジさせてくれて感謝しています

いい機会だから走るのを続けたい

ランニングを始めて体力がついてきて嬉しい

 

などと、言ってくださいました。

まさか感謝の言葉をいただけるなんて。

感動🥺🥺🥺🥺

 

本当にごめんなさい。そしてありがとう😭😭

 

絶対に皆さんのこの頑張りを無駄にしたくないので、次大会に参加する時は、

必ずこの皆さんにお声掛けして、一緒に頑張りたいと思います。

 

人の頑張りを絶対に無駄にしたくないし、

挑戦者の背中を押したいし、一緒に頑張りたい。

 

これからもこの気持ちを持って、

人と接していきたいです。

 

本当に皆さまありがとう。

 

 

 

しかし残念だった、、、、、

この勢いで、きっと卒業式もなくなっちゃうんだろうなあ。

東京だし、大きすぎる会場だし。

 

両親が買ってくれた私の宝物のお着物。

f:id:kannam__style:20200222001536j:image

袴着たかったなあ。

まだ分からないけど、卒業式はマスクしてでも出たいなあ。

 

早い事、コロナウイルスが消滅してくれる事を願うのみです。

 

 

 

最後まで読んでくれてありがとう。

今日も一日お疲れ様。  

 

愛してる。